IBMテープ・メディアをお勧めする理由

データの保守、セキュリティー、データの可用性についての膨大な要求に直面していませんか。一般に90日後には、80%以上のデータは二度とアクセスされなくなるか、アクセス頻度が低くなります。

テープは、コールド・データの保管に最適なメディアです。IBM の テープ・メディア・ソリューションは、データが安全でセキュアに保管されていることを保証するとともに、コストの削減にも役立ちます。

65年にわたるテープ・ストレージのイノベーションにより、IBMはデータ保護の水準を常に高めてきました。IBMは、テープ・ドライブとテープ・ライブラリーのためのテープ・メディアを広範囲にわたってテストしており、製造と品質の向上に取り組んでいます。信頼性が高く、豊富な実績を持つテープ・メディアをご活用ください。

IBMテープ・メディア

主要なストレージ・メディア製品はテープ・メディアの耐用年数を延ばす設計に

IBM LTO 8 Ultriumデータ・カートリッジ

ESGによると、LTO-8データ保存ソリューションに10年間にかかると予想されるTCOを、あらゆるディスク・ソリューションよりも86%削減でき、あらゆるクラウド・ストレージ・ソリューションよりも66%削減できます。12TBのネイティブ容量と最大30TBの圧縮容量(従来の世代の2倍のストレージ容量)を実現できるため、効率、パフォーマンス、長期データ保存とアクセスが大幅に向上します。

IBMテープ・カートリッジ3592 Type E

IBMのエンタープライズ・テープならではの優れた耐久性、品質、イノベーションを提供します。前世代のカートリッジの再フォーマット、アップグレードが可能となり、メディアの再利用によって既存の投資を保護します。


エンタープライズ・テープ・メディア

IBM 3592テープ・カートリッジ

信頼性に主眼を置く大容量のテープ・メディアは、前世代のメディア・カートリッジの再フォーマットおよびアップグレードが可能となり、メディアの再利用をサポートします。


ミッドレンジ・テープ・メディア

IBM LTO 8データ・カートリッジ

12TBのネイティブ容量と最大30TBの圧縮時容量を提供します。

IBM LTO 7データ・カートリッジ

6TBのネイティブ容量と最大15TBの圧縮時容量を提供します。

IBM LTO 6データ・カートリッジ

2.5TBのネイティブ容量と最大6.25TBの圧縮時容量を提供します。

IBM LTO 5データ・カートリッジ

1つのカートリッジに最大3TB(2:1圧縮時)の容量を提供します。

おすすめ資料

投資の最大化のための詳細な情報を入手してください。

米国およびカナダのみのIBMブランド・メディアに対する保証サポートについては、ibmmedia@us.ibm.comにお問い合わせください。

注:ライブラリーが他のカートリッジにデータをコピーできない場合は、IBMサービス担当者に連絡してデータ回復のためにカートリッジの送付を要求してください。

電話でのお問い合わせ: 0120-550-210 | 識別コード:Storage