強力なデータ保護を実現するテープ・ベースのデータ・ストレージ

世界中で何万件ものサイバー攻撃が日々発生し、企業や個人に数兆ドルのコストがのしかかっています。テープ・カートリッジがオフラインで保護されたときに作られる「エア・ギャップ」は、幅広いサイバー脅威に対する最も効果的な防御の1つとなります。サイバー攻撃の影響をほとんど受けず、データセンターに既に存在するシンプルで安価なテクノロジー、磁気テープ・ドライブを見直しましょう。


保有コストの低いテープ・ドライブを幅広いラインアップから選択

IBM TS2280テープ・ドライブは、次世代のLTO Ultrium 8カートリッジを搭載することで、1カートリッジ当たり最大30 TBの圧縮データ(従来の世代の2倍の容量)を保存できます。これにより、データ保存のための10年分のTCOが、あらゆるディスク・ソリューションよりも86%削減され、あらゆるクラウド・ストレージ・ソリューションよりも66%削減されます。IBM TS2280は、ストレージ・コストの削減、データ管理の簡素化、セキュリティーとコンプライアンスの強化を実現します。


TS1100テープ・ドライブ

IBM TS1100テープ・ドライブ

高速データ・アクセス、セキュリティーの向上、データの長期保存を、ディスク・ソリューションよりも低コストで容易に実現します。IBMテープ・ドライブは、IBMテープ・ライブラリーでサポートされるほか、スタンドアロン構成としてIBMラックに搭載できます。

IBM TS1150テープ・ドライブ

高速データ・アクセス、セキュリティーの向上、データの長期保存を、ディスク・ドライブよりも低コストで容易に実現。このテープ・ドライブは、IBMテープ・ライブラリーのほか、スタンドアロン構成としてIBMラックに搭載できます。

IBM TS1160 テープ・ドライブ

データ暗号化をサポートする高性能で柔軟なデータ・ストレージです。この第6世代のドライブは、旧世代よりも容量とパフォーマンスが向上しており、既存のテープ自動化との互換性を提供することで、テープ自動化への投資を保護します。

LTO® テープ・ドライブ

IBMのLTO Ultriumテープ製品ファミリーのエントリー・ポイントであり、データの暗号化とメディア・パーティショニングの機能を提供するとともに、大容量かつ高速なデータ転送速度を実現する設計です。

IBM TS2250テープ・ドライブ

ハーフハイト・フォーム・ファクターのIBM Linear Tape-Open(LTO)5外部ドライブ、6 Gbps SASインターフェース接続。さらに、TS2250ではLTO Ultrium 4データ・カートリッジの読み取りと書き込み、LTO Ultrium 3データ・カートリッジの読み取りが可能です。

IBM TS2260 Tape Drive

ハーフハイト・フォーム・ファクターのLinear Tape-Open(LTO)6外部ドライブ、6 Gbps SASインターフェース接続。さらに、TS2260ではLTO Ultrium 5データ・カートリッジの読み取りと書き込み、LTO Ultrium 4データ・カートリッジの読み取りが可能です。

IBM TS2270 Tape Drive

ハーフハイト・フォーム・ファクターのLinear Tape-Open(LTO)7外部ドライブ、6 Gbps SASインターフェース接続。さらに、TS2270ではLTO Ultrium 6データ・カートリッジの読み取りと書き込み、LTO Ultrium 5データ・カートリッジの読み取りが可能です。

IBM TS2280テープ・ドライブ

Linear Tape-Open (LTO) 8外部ドライブは、コンパクトな外部シャーシに単一のドライブ機構を組み込み、LTO Ultrium 8カートリッジ1つ当たり30 TB(圧縮時)が保管可能で、信頼性と経済性の高い大容量データ・バックアップを実現します。IBM TS2280テープ・ドライブは、LTO Ultrium 7カートリッジの読み取り/書き込みが可能です。IBM Spectrum ProtectおよびIBM Spectrum Archiveと相互運用することで、ディスクまたはフラッシュに保管されているデータのように利用者が検索しやすいデータ・アクセスを実現しています。

参考情報

IBMテープ・ストレージのTCO計算ツール

どれだけの金額を節約できるのでしょうか。この試算ツールの質問に回答すると、パーソナライズされた総所有コストの見積もりを確認できます。

オープン・システム向けのIBMテープ・ライブラリー・ガイド

IBMテープおよびテープ・ライブラリー・テクノロジーのすべてを説明します。IBM LTO UltriumおよびEnterprise 3592の各テープ・ドライブがIBMテープ・ストレージ・ファミリーにどのように実装されるかをご確認ください。

IBMテープ・ソリューションを使用して、サイバー・レジリエンシーを備えたエア・ギャップ・インフラストラクチャーを促進

ハッカーによる破壊が基本的に不可能なデータを作成することで、ランサムウェアの感染と再感染のサイクルを除去します。

強力なデータ保護のためのテープ・ベースのデータ・ストレージ

テープ・ストレージは、サイバー攻撃の影響を実質的に受けない、データセンターに既に存在するシンプルで安価なテクノロジーです。

「自社の要件にはどの製品が向いている?」「他社製品との違いは?費用はどれぐらいかかるの?」 お客様の上記のような疑問にお答えいたします。

お客様ご相談窓口

納期やお客様の要件に合わせた構成、ソリューションについてもご相談可能です。
ストレージ活用のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

IBM Storageの最新情報はブログも合わせてご覧ください。