データ・セキュリティーと管理コストは、ストレージの目下の最重要課題の一つです。 IBM Storageポートフォリオの最新の機能拡張がどのように役立つかをご覧ください。

最新ニュース

データの保護を確保しながら、テクノロジーの変化にも対応できます。 IBM FlashSystemの新しいSafeguarded Copy機能は、データの書き換えとアクセスが不能なコピーを使用して、増大するサイバー脅威への対処を支援します。このコピーは、マルウェアやランサムウェア攻撃を受けた後に迅速にリストアできます。

IBM Storage as a Serviceは、パブリッククラウドに保存できないデータに、クラウド・ストレージの柔軟性と俊敏性をもたらします。料金体系はクラウド・モデルが適用されます。

またIBM Zを対象とした新しい分析クラス・モデルである新しいIBM DS8980Fが登場します。より優れたパフォーマンスと、データをビジネスの機会に変換できる レジリエンスが実現します。 IBM TS7770テープのVirtualization Engineには、オールフラッシュ・キャッシュが搭載されるようになりました。メインフレーム・ストレージ・インフラストラクチャーを統合するための新しいオプションも提供されます。

ソリューションの機能拡張

様々な脅威が日々進化する今日、確実なデータ・レジリエンシーを実現するには、複数の保護層が必要となります。 IBM Spectrum Virtualizeで構築されたすべてのシステム(IBM FlashSystem ファミリー¹、IBM SAN ボリューム・コントローラーを含む)には、サイバー攻撃に対する新しい防御線を追加するためにSafeguarded Copy機能が含まれるようになりました。 この機能は、これまではDS8000ファミリーのメインフレーム・ストレージ・ソリューションでのみ使用可能でした。Safeguarded Copy機能で作成されたデータの不変コピーはサーバーに接続できないため、論理的な「エア・ギャップ」保護が得られます。 攻撃を受けた際には、これらのコピーを迅速に復元してデータを回復できます。

IBM Storage as a Service²を導入すると、俊敏性、キャッシュ・フローの効率性、クラウド・ストレージのサービスにより、ストレージ体験がさらに効率化されます。 IBM Storage as a Serviceはパブリッククラウドに保存できない重要なデータを対象とした新しい柔軟な消費モデルと、使用した容量に基づいた明快で一貫性のある料金体系で、ハイブリッドクラウドをお手軽に体験していただけます。

IBM Storage Expert CareプログラムがFlashSystem 7200、9200/Rに追加されており、さらに新しいプレミアム・レベルのサポートも導入されているため、IBM FlashSystemの効率的なサポートがさらに強化されています。 料金体系は予測可能な前払い形式で、システム・コストの固定率で設定されます。お客様はニーズに最適なサポート・レベルと期間をお選びいただけます。

¹ FlashSystem 5100、5200、7200、9100/9100R、9200/9200R

² 一部の地域で利用可能

IBMフラッシュ・ストレージ

安全でコスト効率が良く、管理が容易な高性能オールフラッシュ・ストレージ・ソリューションを使用して、ハイブリッドクラウドを効率化します。

IBM Storage as a Service

実績あるハイブリッドクラウド・ストレージがサービスとして利用できるようになりました。 クラウドの俊敏性とオンプレミス・ストレージの管理を組み合わせて利用しながらキャッシュ・フローを維持できます。すべてはIBMのエキスパートによってサポートされます。

IBM DS8900F

ハイブリッドクラウド全体にわたって、パフォーマンス、データ保護、レジリエンシー、可用性を向上させます。

IBM TS7770

データがいつでもどこでもアクセス可能になります。


現在のプロモーション

ビジネスの最適化と保護を改善

新しいIBM FlashSystem 5015、5035では、自動化された階層化、リモート・ミラーリング、ほぼ即時のコピー機能を無料で追加できるため、データの価値が最大限に引き出されます。

IBM FlashSystemで拡張をサポート

新しいFlashSystem 5200、7200、9200/Rでは、既存のストレージを無償で仮想化できるため、データ・マイグレーションと管理が効率化されます。

データ・レジリエンスの強化

IBM FlashSystemのエントリー・モデル(5015、 5035、5200)との同時購入で、IBM Spectrum Protect Plusを特別価格で提供いたします。容量に関係なくアレイ全体を保護できます。


コミュニティーに参加する

IBMストレージ・コミュニティー

IBMストレージ・コミュニティーにご参加ください。IBMのエンジニア、製品開発者、CTOとのやり取り、ヒントやガイドの習得、無料のWebキャスト視聴、ユーザー・グループへの参加などが可能です。サイバー・レジリエンシーを最大限に高めるため、メンバーがデータ保護、データ、 AI、フラッシュ・ストレージ、メインフレーム、テープ・ストレージのためのソリューションを使用する方法をご紹介します。

アナリストからのニュース

新着アナリスト・レポート:FlashSystem – The Centerpiece of the IBM One-platform Approach

新着アナリスト・レポート:IBM FlashSystemファミリー:すべての環境での使いやすさ

Forrester社によるIBM Spectrum VirtualizeのTotal Economic Impactレポート

新着ESGレポート:ストレージによるサイバー・レジリエンスの課題の解決方法

Forrester社によるIBM Storage for SAP HANAに関するTotal Economic Impactレポート

評価とアワード

2020 Gartner Magic QuadrantのPrimary Storage Arrays、その他の部門でリーダーに選出

CRN社がFlashSystemを「2020年のSSDおよびフラッシュ・ストレージ上位10製品」の1つに選出

DCIG社が、FlashSystem 7200を2020年のエンタープライズ向けオールフラッシュ・アレイに「推奨」

DCIG社が、FlashSystem 9200を2020年のエンタープライズ向けオールフラッシュ・アレイに「推奨」

DCIG社がIBM Spectrum Protect Plusを「SME AWSクラウド・バックアップ・ソリューションの上位5位の1つ」に選出

DCIG社がIBM Spectrum Protect Plusをエンタープライズ向けAWSクラウド・バックアップ・ソリューションの上位5位の1つに選出


新着ブログ

IBMストレージでサイバー・レジリエンスを強化する

データ・レジリエンスとストレージ - ビジネス向けの入門

ストレージに合ったIT消費モデルを選択するには


お客様事例

Orange Caraïbe社

適切なソフトウェア・プラットフォームがお客様の組織の戦略的選択においてどのように重要であるかを説明します。

ザルツブルク大司教区

地理的に分散した組織は、最高レベルのネットワーク・パフォーマンスを提供する接続を常時必要とします。

IBMストレージのお客様事例

各領域に関する他のお客様事例をチェックして、多くの企業がストレージを次のレベルに進めている様子をご覧ください。

エキスパートへのお問い合わせ

ストレージ・インフラストラクチャーの活用方法についてご不明の点はIBMのエキスパートにご相談ください。

*IBMの計画、方向性および指針に関する記述は、IBMの裁量に基づき予告なく変更または撤回される場合があります。 将来の潜在的製品に関する情報は、IBMの製品に関する一般的な方向性を概説するもので、購入の決定はこれに依存するべきではありません。 将来の潜在的製品に関する情報は、資料、コードまたは機能の提供を確約、保証または法的に義務付けるものではありません。 将来の潜在的製品に関する情報は、いかなる契約にも組み込むことはできません。 IBMはその裁量に基づき、IBM製品の将来の機能開発、リリースおよびタイミングを決定します。