さらなる製品品質の向上と市場投入の迅速化が 求められていませんか?

アイデアが生まれてから、設計、製造、テスト、そして市場投入された後も、製品ライフサイクルのあらゆる過程でデータが生まれます。特に、センサーの技術進化は目を見張るものがあり、以前よりも詳細なデータが、リアルタイムに生成されます。こうしたデータを製品品質の向上や迅速な市場投入に生かすには、自社独自のデータを早く・安く・たくさん貯めるストレージ基盤が必須です。

求められるストレージ要件

アクセス高速化

データの読み書きを高速化し
製品開発の各工程をスピードアップ

コスト低減

データの経済性を劇的に改善し
従来より安価にデータを保管

柔軟な拡張性

価値創造の源となるデータの
変化(量・質・スピード)に対応

現場データのリアルタイム活用事例

Red Bull Racing: IBMストレージソリューションの貢献

F1ではレース中に、マシンに搭載した何百個ものセンサーからリアルタイムにデータを収集・分析し、マシンの調整方法を決めています。

そのためデータを効果的に収集・保管・検索・分析して重要な知見を獲得するにはデータ転送スピードと信頼性が大きな課題でした。

そこでRed Bull RacingはIBMのストレージソリューションを採用。パフォーマンスの向上を実現し、レースの勝利に貢献しています。

従来よりも早く、レースに勝てるコンポーネントの設計・改良、戦略に関するリアルタイムでの確かな意思決定ができるようになりました

—Red Bull Racing 数値ツール技術責任者

アクセス高速化で実現

スループット

30% 加速

計算流体力学ワークフローにおける高パフォーマンス。

データアクセス時間

30% 短縮

意思決定をリアルタイムに行う迅速な知見獲得を可能に。

ファイル転送時間

75% 削減

重要なデータを迅速かつ確実に移動。

製品開発力を高めるIBMストレージソリューション

IBMソリューションのポイント

データはポリシーに基づき自動配置

手間なく適材適所でストレージ活用

フラッシュからディスクとテープに至るまでのポリシー・ベースの自動的なストレージ階層化を備えた世界クラスのストレージ管理を提供します。

電話でのお問い合わせ: 0120-550-210 | 識別コード:Storage