ビルトイン・セキュリティーでランサムウェア対策

サイバー攻撃が絶え間なくかつ急速に拡大する中、攻撃を検知し、防御するための対策を講じていても、攻撃者がその防御を突破する可能性は依然として残っています。新しいIBM FlashSystemは、従来モデルに比べ多くのデータをよりスピーディーに取り込むと共に、データ保護機能「セーフガード・コピー」と新しく追加された「サイバー・ボールト」によりサイバー攻撃の被害からのリカバリー時間を数日から数時間に短縮します。これにより、ビジネスを止めないスムーズでより安全なデータ管理の実現が可能となりました。

新しく発表されたIBM FlashSystem 7300とIBM FlashSystem 9500の基本仕様はこちらをご確認ください。

脅威インテリジェンス・レポート 2022

ランサムウェアの脅威が依然1位。データ保護が不可欠

IBM FlashSystemファミリー・ラインアップ

可用性を向上したクラウドなど大規模データ基盤に最適なハイエンド・モ

NEW IBM FlashSystem 9500

4U/容量 2.3PB(4.5PB 拡張予定)/インターフェース 32Gbps FC, 10/25Gbps iSCSI/iWARP/RoCEv2, 100Gbps RoCEv2/メモリー 1~3TB

さらにパフォーマンスが向上したプライマリー・ストレージ向けのミッドレンジ・モデル

NEW IBM FlashSystem 7300

2U/容量 2.2PB/インターフェース 32Gbps FC, 10/25Gbps iSCSI/iWARP/RoCEv2, 100Gbps RoCEv2/メモリー 256GB~1.5TB

コンパクトな筐体で先進のストレージ機能を提供するエントリー・モデル

IBM FlashSystem 5200

1U/容量 1PB/インターフェース 16/32Gbps FC, 10/25Gbps iSCSI, 12Gbps SAS/メモリー 64~512GB

ソフトウェア・デファインド・ストレージ・ソフトウェア

IBM Spectrum Protect Plus

ハイブリッドクラウド環境において、VM、データベース、アプリケーション、ファイルシステム、SaaSワークロード、コンテナなどに対するリカバリーや復元、複製、保存、再利用を可能にします。

IBM Spectrum Virtualize for Public Cloud

異機種混合のストレージ・システム上のデータを、IBM CloudまたはAmazon Web Servicesとオンプレミスとの間で複製または移行できるようにします。

IBM Storage Insights

予測分析機能を装備したクラウド・ベースのストレージ管理とサポートのプラットフォームを使用して、ストレージ・インフラストラクチャーを最適化します。

オンラインデモ相談会

ストレージの重要性 ― エバンジェリストの視点から

2006年からシステムズ&テクノロジー・エバンジェリストを務め、現在はストレージ・テクニカル・セールスでストレージ・ソリューション担当部長の佐野正和が、DX実現のためになぜストレージが重要なのか、IBMストレージにどのような特長や活用方法があるのか、豊富な経験をもとに語ります。

「自社の要件にはどの製品が向いている?」「他社製品との違いは?費用はどれぐらいかかるの?」 お客様の上記のような疑問にお答えいたします。

お客様ご相談窓口

納期やお客様の要件に合わせた構成、ソリューションについてもご相談可能です。
ストレージ活用のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。