適切な情報アーキテクチャー(IA)の構築がAIの成功に不可欠

AIワークロードやデータ・パイプラインには、固有のインフラストラクチャー要件があります。ではどのようにすればAIデータ・ストレージ用の適切なアーキテクチャーを構築することができるのでしょうか?


IBMストレージの活用でAIへの移行がシンプルに

AIとビッグデータ向けストレージは、データからより深い洞察と価値を得て競争力を高めるため、AIへの移行のさまざまな段階向けに最適化されたソリューションを使用して、インフラストラクチャーを簡素化します。

  • 包括的なデータとAIのポートフォリオを活用してAIジャーニーを容易にする
  • エッジ、コア、クラウドに至る、最新のソリューション向けのAIインフラストラクチャーを構築する
  • IBM Cloud Pak for DataおよびIBM Storage Suite for IBM Cloud Paksとの統合により、マルチクラウドやコンテナ・ベースのシステムとの接続を容易にする

モダナイズ

組織全体でデータAIを活用します。

収集

アクセスしやすいようにデータを取り込み、保管します。

編成

ポリシー・エンジンでデータをカタログ化します。

分析

ハイパフォーマンス・データ・アクセス


AIをモダナイズ

人工知能の基盤は、強固な情報アーキテクチャーです。データをモダナイズするということは、お客様の企業全体に選択肢と柔軟性を提供するAI向けの情報アーキテクチャーを構築することを意味します。データとAI向けストレージで、データをAIに対応させます。

IBM Storage Suite for IBM Cloud Paks

容量とパフォーマンスのワークロードにかかわらず、 AIワークロードに柔軟性を提供するRed Hat OpenShift環境向けのソフトウェア定義ソリューションの詳細をご紹介します。

Red Hat OpenShift Container StorageによるIBM Spectrum Discoverのサポート

Red Hat OpenShift Container Storage(OCS)がIBM Spectrum Discoverをサポートするようになりました。この機能拡張により、ガバナンスのエンタープライズ・データ・カタログにリアルタイムのデータ取り込みが、IBM WatsonソリューションにAI統合が追加されます。

IBM Spectrum Scaleによるコンテナ・ネイティブのアクセス・サポート

IBM Spectrum Scaleの1つのノードから多数のノードまで、ストレージをクラスタリングすることで、迅速かつ容易な導入がコンテナ化され、パフォーマンスが最適化されます。


データの収集

データはAIに動力を供給する燃料です。しかし、メインテナンスや拡張が困難になったり、コストがかかり過ぎたりするような状態でデータがトラップされたり、格納されている場合があります。お客様は、単純でコスト効率の良いインフラストラクチャーで、エッジから推論に拡張できるようにデータを解放する必要があります。 データおよびAI向けのIBMのストレージは、ビジネス・モデルに適したAIストレージ・ソリューションによって、データをハイブリッド・マルチクラウド・インフラストラクチャーにとってシンプルで、アクセスしやすいものにします。

IBM Elastic Storage System 5000(ESS 5000)

ESS 5000は、スピード、市場をリードするパフォーマンス、密度、拡張性を備えた、データレイク向けの新世代プラットフォームです。

AIオブジェクト・ストレージ・リポジトリー用のIBMストレージ

オブジェクト・ストレージは、その高い耐久性と管理の容易性から、大規模データ処理やAIワークロードのために必要な、ビッグデータ・リポジトリーの選択肢になりつつあります。

AIファイルとオブジェクト・ストレージ・リポジトリー用のIBMストレージ

高性能で、エッジからコア、クラウドにわたる拡張性(Red Hat OpenShift向けコンテナ・ネイティブのストレージ・アクセス)で、AIストレージの課題に対応します。


データの編成

AIの品質は基としているデータの品質に左右されます。企業はどのようなデータを持っているかを十分に理解して、コンプライアンス、データ最適化、データ・カタログ、データ・ガバナンスなどの、AIやその他の組織のニーズに活用できるようにする必要があります。AIやデータ向けのIBMのストレージは、データをリアルタイムで提供し、エンタープライズ・データ・ソースから継続的に更新を提供する、AIのストレージ・ニーズを満たすのに最適なソリューションです。

IBM Spectrum Discover

IBM Spectrum Discoverにより、カタログ作成/索引作成を自動化すると同時に、リアルタイムのデータ更新が統合され、最新の状態であることを確認できます。IBM Watson Knowledge Catalogとの統合により他のビジネス・データとのリンクが可能になった結果、強力な洞察を獲得できるようになりました。これにより、包括的な洞察の獲得、データ・ガバナンスのサポート、データ活用の最適化が実現されます。

Watson Knowledge Catalog

1回のクリックでSpectrum DiscoverとIBM Watson Knowledge Catalogを統合します。 IBM Spectrum Discoverからのエンタープライズ・ファイルとオブジェクト・データの情報をIBM Watson Knowledge Catalogに統合して、よりスマートなデータを作成します。他の重要なエンタープライズ・データや情報と共に分析や洞察を得ることができます。


データの分析

情報アーキテクチャー(IA)のないAIは存在しません。企業は、AIの導入以外の問題に対して準備しておく必要があります。また、拡張できることを確信した上で、AIインフラストラクチャーを構築しなければなりません。ビッグデータ向けのIBMのストレージは、エッジ・デバイスからデータを取得・格納し、分析のために推論エンジンに供給するためのシンプルで、統合されたAIインフラストラクチャーを提供します。

 

地球上で最も強力な2台のコンピューター-サミットとシエラレオネはAI用に構築されており、どちらもIBMストレージに依存しています。

Power Systemsを搭載したデータとAI向けIBMストレージ

お客様の業務に完全に最適化されており、拡張も容易で、フルサポートされたAIプラットフォームです。極めて高速なパフォーマンス、実績のある信頼性、レジリエンシーを備えています。これは、エンタープライズAI用に設計されたITインフラストラクチャーです。

NVIDIA DGX Systemsを搭載したデータとAI向けIBMストレージ

画期的なパフォーマンスの向上とデータサイエンス・ワークロードをサポートするために必要な、拡張性の高いスループットを実現します。これまで以上に高速化されたGPUサーバーを複数台ラック内に搭載する構成が可能、開発者の生産性を向上させる拡張データ管理をサポートしています。

IBM Elastic Storage System 3000(ESS 3000)

ESS 3000は、世界で最も強力なスーパーコンピューターを動かしている世界トップクラスのストレージと同様のものを実装できる最もシンプルな方法です。


お客様導入事例

バーミンガム大学

この大学が研究施設の需要増加に対応するために、どのようにストレージ・リソースを制御したかを紹介しています。

ピッツバーグ大学メディカル・センター

「病院のフロアでは、IBMストレージ・ソリューションが大きな効果をもたらしています。オーダーが速く進み、検査結果をすぐに入手でき、すべてのシステムにわたってアップタイムが改善されています。」

Nightingale Health社

Nightingale Health社が世界中の慢性疾患の危機にいかに対処し、誰もがより健康な生活を送れるように努めているのかをご覧ください。


データとAIのためのソリューション

Splunk®(SmartStore)向けのデータおよびAI用IBMストレージ

Splunk SmartStore向けのIBM Cloud Object Storageは、新しいアーキテクチャーによって既存のSplunkの実装を最適化してコスト削減を実現します。

Clouderaを搭載したIBM Spectrum Scale

NVMeアクセスを使用した高度な並列パフォーマンス、統合されたデータ・ライフサイクル管理とエンタープライズ・データ・サービス、 Hadoop分析に対応した統合サポートと極めて拡張性の高いストレージをそれぞれ統合します。

IBM Spectrum Archive

コスト効率がよく、拡張性が高いアクティブ・アーカイブを実現するために、テープに保管されたデータへ直接ファイル・アクセスを実施。AIストレージを採用しやすいコストで実現します。

IBM InfoSphere Virtual Data Pipeline

優先順位の高いワークロードに影響を与えず、データ・セキュリティーとプライバシーを損なわずに、ユーザーが実動データにアクセスできるようにします。仮想データ・パイプラインを開始して、分析を迅速化し、アプリケーションをモダナイズします。


データおよびAI向けのストレージに関する専門家の意見

IBMストレージは、市場をリードするパフォーマンス、密度、拡張性を備えたデータレイク向けの新しいストレージ・システムを使用して、エンド・ユーザー向けAIジャーニーを簡素化します。機能拡張には、AI向けIBM Spectrum Scaleデータ・アクセラレーション、IBM Cloud Object Storageに対する大幅なパフォーマンスの向上、Red Hat OpenShiftに導入可能なIBM Spectrum Discoverの新バージョンが含まれます。これらは、お客様がアナリティクスとAIをビジネスに簡単に導入できるモデルにする必要がある、ビッグデータとAIワークロードのための拡張機能です。

Steve McDowell氏, Moor Insights社

参考情報

COS社は保険金請求を簡素化

保険会社の損害査定担当者が損害状況を確認し、復旧にかかる時間を短縮できる迅速、容易かつ安全な方法があるとしたらどうでしょうか。

エッジ用のIBMストレージ・ソリューション

いくつかの実用的なソリューションをお手元で確認し、エッジ、データセンター、さらにはクラウドでAIのパフォーマンスを活用するのに必要な要件をご覧ください。

AIによるビジネスの未来

AIはもはやSFの世界の話ではなく、ビジネス・ファクトになりました。AIと、さらなる進歩を可能にするその潜在力に取り組む2人のイノベーター、Graham MackIntosh氏とMarcelo Labre氏の話をお聞きください。

AIエンタープライズ・サーバー

IBM Power Systems for AIは、企業がAIとアナリティクスの最大の潜在能力を最大限に理解して、データ主導型の意思決定を強化し、より深い洞察にアクセスし、信頼と確信度を高めるのに役立ちます。

IBMをフォローする

IBMをフォローする