概要

IDC社の調査によると、組織のインフラストラクチャーは、AI戦略に必要なすべてのデータ、処理、パフォーマンスの要件に対処するための機能を確実に備えている必要があります。 モダナイズせずに既存のストレージ・インフラストラクチャーを使用している場合は、障害のリスクが大幅に高まります。 IBMのデータとAI向けストレージにより、ハイブリッドクラウド環境で、AI戦略をシームレスかつ大規模に導入することが可能となります。

Continental Auto Group: 自動運転のために最適化されたインフラストラクチャー

AIのための、より高速で柔軟性の高いデータ・ストレージと、簡素化された管理を活用して、自動運転ソリューションを開発しています。

モダナイズ:

柔軟性をもたらし、ハイブリッドクラウド向けのクラウドネイティブ・アプリケーションのデプロイメントを容易にするITアーキテクチャーです。

OpenShift向けのコンテナ・ネイティブなエンタープライズ・ストレージ・ソリューション

IBM Spectrum Fusion*は、ハイブリッドクラウドでのグローバルなデータ・アクセスと、基幹業務データの厳しい要件を満たすエンタープライズ・ストレージ・サービスを必要とするお客様向けの、コンテナ・ネイティブなストレージ・ソリューションです。 このソリューションは、エッジからコア・データセンター、そしてパブリッククラウドに至るまで、すべてでデータの検出、保護、管理のための合理化された方法を提供します。

ネイティブ・コンテナへのアクセス・サポート

IBM Spectrum Scaleの1つのノードから多数のノードまで、ストレージをクラスタリングすることで、デプロイメントが高速で容易になり、パフォーマンスが最適化されます。

簡単なデプロイメントとデータへのネイティブでハイパフォーマンスなアクセス

Red Hat® OpenShift® Container Storage(OCS)は、IBM® Spectrum Discoverをサポートするようになりました。これにより、ガバナンスの強化と、IBM® WatsonソリューションへのAI統合を実現します。

コンテナ環境向けエンタープライズ・データ・サービス

IBM StorageとRed Hat® OpenShift®のソフトウェア定義ストレージ・ソリューションにより、IBM Cloud Paksの導入を簡素化することで、AIワークロードに柔軟性を提供します。

収集:

データをハイブリッドクラウドにとってシンプルでアクセスしやすいものにする、AIストレージ・ソリューションです。

AIとビッグデータ用の高い拡張性を備えたストレージ

Elastic Storage® System 5000(ESS 5000)は、スピード、市場をリードするパフォーマンス、密度、拡張性を備えた、新世代のデータレイク用プラットフォームです。

AIオブジェクト・ストレージ・リポジトリー用のIBMストレージ

オブジェクト・ストレージは、その高い耐久性と管理の容易性から、大規模データ処理やAIワークロードのために必要な、ビッグデータ・リポジトリーの選択肢になりつつあります。

AIファイルとオブジェクト・ストレージ・リポジトリー用のIBMストレージ

高性能で、エッジからコア、クラウドにわたる拡張性(Red Hat OpenShift向けコンテナ・ネイティブのストレージ・アクセス)で、AIストレージの課題に対応します。

編成:

ポリシー・エンジンを使用してデータのカタログ作成と索引付けを行います。

リアルタイムでのカタログ作成と索引付け

IBM Spectrum® Discoverによって、カタログ作成と索引付けを自動化し、リアルタイムのデータ更新が確実に統合されて最新の状態に保持されるようにできます。 また、IBM® Watson Knowledge Catalogとの統合により、包括的な洞察、データ・ガバナンス、最適化がもたらされます。

企業のファイル・データとオブジェクト・データの統合

企業のファイル・データとオブジェクト・データをIBM® Spectrum DiscoverからIBM® Watson Knowledge Catalogへとワンクリックで統合して、よりスマートなデータを作成します。 分析と洞察を他の重要なエンタープライズ・データと組み合わせて獲得します。

分析:

高いパフォーマンスと統合されたAIインフラストラクチャーを提供する、ビッグデータ・ソリューションです。

Power Systemsを搭載したデータとAI向けIBMストレージ

完全に最適化され、拡張も容易で、フルサポートされたAIプラットフォームです。極めて高速なパフォーマンス、実績のある信頼性、レジリエンシーを備えています。Power Systemsを搭載した、データとAI向けのIBM Storageは、エンタープライズAI用に設計されたITインフラストラクチャーです。

NVIDIA DGX Systemsを搭載したデータとAI向けIBMストレージ

パフォーマンスとデータサイエンス・ワークロードをサポートするために必要な、拡張性の高いスループットを実現します。NVIDIA DGX Systems、これまで以上に高速化されたGPUサーバーを複数台搭載する構成のラックにも問題なく対応し、開発者の生産性を向上させる拡張データ管理もサポートします。

高パフォーマンスのAIとハイブリッドクラウド向けに構築された次世代ストレージ

IBM® Elastic Storage System 3200(ESS 3200)は、分析用にデータを管理する際に直面する課題に対応し解決することを目的としています。

IBMが5年連続でリーダーに選出

IBMは、Gartner社による2020年度版のMagic Quadrantで、分散ファイル・システムとオブジェクト・ストレージの分野におけるリーダーに選出されています。

データとAIの関連ソリューション

IBM® Cloud Object Storage for Splunk

IBM Cloud Object Storage for Splunk®(SmartStore)を使用して既存のSplunkの導入を最適化するとともにコストを削減できる新しいアーキテクチャーです。

Clouderaを搭載したIBM Spectrum Scale

NVMeアクセスを使用した高度な並列パフォーマンス、統合されたデータ・ライフサイクル管理とエンタープライズ・データ・サービス、 Hadoop分析に対応した統合サポートと極めて拡張性の高いストレージをそれぞれ統合します。

拡張が容易なアーカイブによるコスト効率の高いAIストレージ

IBM® Spectrum Archiveを使用すると、テープに保管されたデータへの直接ファイル・アクセスを実施、AIストレージを採用しやすいコストで実現します。これにより、コスト効率がよく、拡張性が容易なアクティブ・アーカイブが提供されます。

分析とアプリケーション開発の加速

IBM Virtual Data Pipelineによって、優先順位の高いワークロードに影響を与えることなく、データのセキュリティーとプライバシーも損なわずに、ユーザーが実動データにアクセスできるようになります。

次の
ステップ

特記事項

*IBMによる計画、方向性、意図に関する記述は、IBMの独自の裁量により、通知なしに変更または撤回される場合があります。 将来の潜在的製品に関する情報は、一般的な製品の方向性を概説することを目的としており、購入のご決定をされる際に参考にしていただくためのものではありません。 将来の潜在的製品に関して言及されている情報は、何らかの材料、コード、あるいは機能性を提供することについて、コミットメントや約束、法的義務を意味するものではありません。 将来の潜在的製品に関する情報は、いかなる契約にも組み込むことはできません。 IBM製品について記述されている将来の特徴や機能性の開発、リリース、およびタイミングは、IBMの独自の裁量にとどまります。