HPC: データ分析の未来

ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)の需要が増大するにつれて、企業は、より大規模で複雑なデータ・セットと分析ワークロードの管理に苦労しています。機械学習やディープ・ラーニングの機会が高度化するにつれ、インフラストラクチャーの高速化が不可欠になります。IBM Systemsは、HPCおよびAIを前進させ、ビジネス、医療、科学、工学の業界が抱える最大の課題を解決するのに必要なソリューションを提供します。

研究ラボと企業のAI向けに設計されたHPC

もし1秒あたり20京を超える計算、つまり天の川の星の数の約50万倍を処理できるコンピューターがあればどうなるでしょうか? そして世界中のソーシャル・メディアのデータ全体を1つの場所に保管することができたら? そのスーパーコンピューターが既に導入されており、テスト・ケースを実行し始めているとしたらどうでしょうか?

過去数年にわたりIBM、NVIDIA、Mellanox、Red Hatが協力して、オークリッジ(ORNL)とローレンス・リバモア(LLNL)の国立研究所に「Summit」と「Sierra」を構築しました。 これらの最先端のスーパーコンピューターは、ごく普通のIBM POWER9™プロセッサーおよびIBMストレージで構築されており、従来型のHPCワークロードとAIワークロードを実行します。 以前のHPCソリューションで見られた、高度にカスタマイズされた一度限りのシステムとして開発されたものではありません。一番のルールとして、ORNLとLLNLのために作成されたものが何であれ、お客様にとっても役に立つ必要がありました。

Summitは科学にとって最も強力で最もスマートなスーパーコンピューターです。このアーキテクチャーは、AI用に構築されたシステムにHPCの大規模な拡張容易性を提供します。「これらのスーパーコンピューターを構築することで、私たちは世界を主導するAIマシンを構築しているのです」とIBMフェローで高速コグニティブ・インフラストラクチャーのディレクター、Hillery Hunterは述べています。

研究者はコンピューターを使用して量子力学材料をシミュレーションし、ゲノムに基づいて進化の関係を探求し、AIを使用してナノ物質を作成します。

IBMが世界最速のスーパーコンピューターを構築

Top500リストの第1位、第3位を獲得した「Summit」と「Sierra」は、米国オークリッジ国立研究所とローレンス・リバモア国立研究所で構築されたHPCシステムです。 ごく普通のIBM Power™ 9プロセッサーとIBMストレージで構築され、AI向けに独自に設計されたシステムにHPCの高い拡張性を提供します。

データに関する洞察を得るための、強力で柔軟かつ効率的なパス

IBMのHPCソリューションは、単にシミュレーションや視覚化を実行するのではなく、人間のインテリジェンスを増強するよう設計されています。目標は、HPCとAIとの間の境界線を不鮮明にするシステムを実装し、オープンなエコシステムを提供することです。これは、1つのシステムですべてのお客様を満足させることはできないからです。

HPC Systems processing power icon

純粋な処理能力

垂直と水平方向の拡張機能と、CPUとGPUの間でRAMを共有することにより、IBM HPCシステムは可変的な計算要件を処理するために必要な柔軟性を提供し、IBM Power Systems™ Accelerated Compute Server(AC922)が高速データベースの迅速な実装を可能にします。

HPC systems storage that scales

データ・ニーズに応じて拡張・収縮するストレージ

効果的なHPCおよび分析のワークロードには、大規模なデータレイクとコンテンツ・リポジトリーを形成してアクセスする能力と、ボトルネックを回避するための拡張が容易なパフォーマンスと容量が必要です。

HPC systems simplified software icon

効果的なワークロード管理のためのシンプルなソフトウェア

さらに大きな規模での簡単な実装、最大のアップタイム、パフォーマンスにより、ユーザーと管理者の体験を拡張するソフトウェアは、HPCでの成功に不可欠です。Spectrum LSF®がそれを実現します。

HPCソリューション

IBMは、計算能力、ワークロード効率、管理の容易性を提供するために連携して機能するさまざまなハードウェア、ソフトウェア、およびストレージ製品を提供します。これらの機能は、HPCの未来に進むために必要となる機能です。

エンタープライズAIのための最適なサーバーを探す

モデルをChainerで実行すると3.7倍、Caffeでは3.8倍のパフォーマンスを発揮するIBM Power Systems AC922は、POWER9プロセッサーを使用して構築されており、高速化されたデータベースとディープ・ラーニング・フレームワークを導入する最速の方法を提供し、IBMの企業レベルの優れたサポートによって支援されます。

迅速な導入とパフォーマンスの向上

IBM PowerAIソフトウェアは、機械学習とディープ・ラーニングをHPCのワークフローに取り込もうとしているお客様にとって理想的な製品です。このソフトウェアにより、迅速な実装、および卓越したパフォーマンスとスケーラビリティーを容易に達成できます。 

生産性を高め、結果を得るまでの時間を短縮

IBM Spectrum Computingは、AI、データ・アナリティクス、HPCを加速し、簡素化します。  IBM Spectrum Computingは、インテリジェントなワークロードとポリシー主導のリソース管理を特徴として、オンプレミスとクラウドのデータセンター全体で計算クラスターを最適化し、ユーザーの生産性を向上させて、結果を得るまでの時間を短縮して成果を向上させます。

HPCを簡素化して管理を容易にする

包括的なワークロード管理を活用して、調査、設計、その他の高性能シミュレーションを30%加速し、生産性を向上させ、結果をより迅速に提供します。IBM Spectrum LSFは、コストを制御しながら、競争上の優位性と大きな回復力を提供します。

ワークロードの高速化、洞察の迅速化

データの種類(構造化/非構造化)やデータの生成場所(社内/社外)に関わらず、データはHPCとAIの中核を成すものです。IBMストレージ・ソリューションは、シミュレーションなどの従来のHPCジョブから、AIやディープ・ラーニング・フレームワークによる情報に基づく意思決定を含む次世代ワークロードに至るまで、ワークロードの幅広いセットにわたって、パフォーマンス、信頼性、拡張性の向上を提供します。

ピーク要求に対応し、市場に出すまでの時間を短縮

IBM Cloudでサービスとして提供されるIBM Software-Defined Infrastructureにより、増大する新たなHPCとHPDAのワークロードのピーク時の要求に対応できます。市場に出すまでの時間を短縮し、ワークロード管理を簡素化して、エンジニアと研究者がITの管理ではなく自分の業務に集中できるようにします。

おすすめ資料

同質のデータセンターの終焉の到来

AIアプリケーションの出現によって、従来のx86以外のプロセッサーでパフォーマンス・ギャップを埋めることが可能であることが明らかになったため、IDCは、同質のプロセッサーで構成されたデータセンターの終焉が近づいていると予測しています。

データ分析からディープ・ラーニングへ

2018年には、毎日生成されるデータの90%が非構造化データになると予想されます。IBM Power Systemsのデータ中心設計により、総所有コスト(TCO)を削減し、他の選択肢と比べてより少数の、より信頼できるサーバーを使用してパフォーマンスの壁を克服し、洞察を得るまでの時間を短縮できます。

HPCの次のマイルストーン

ますます難易度の高いワークロードの出現によってシステム要件が限界まで追い込まれる中で、IBMは他の業界リーダーと協力して、Power CPUアーキテクチャーを次世代に導くことに特化したOpenPOWER Foundationを結成しました。

電話でのお問い合わせ: 0120-550-210 | 識別コード:IBM Systems