データやワークロードがどこにあろうとIBMが支援

2019年までに全企業のワークロードの約60%がクラウドに移行されます。[1]高性能なクラウド・アーキテクチャーは競争上の優位性を促進するため、ITリーダーはより迅速な導入と安全なデータ移動を実現するアーキテクチャーを求めています。IBM は、クラウド・デリバリー・モデル間の適切なバランスを実現できる安全で信頼性の高いインフラストラクチャーを提供します。

クラウド戦略の要素ごとに最適なテクニカル・ソリューションを探す

クラウドは、基盤となるデータを、新しいサービスやアプリケーション、そして新しい機会へとつなげます。クラウドを活用するには、安全な導入、柔軟性、自動化を実現するために最適化されたアーキテクチャーが必要です。

開放のためのセキュリティー

企業のビジネス・システムとデータをクラウドに安全につなげ、移動中のデータおよび保管されているデータの安全性を確保します。

拡張と統合のための柔軟性

即座に拡張したり、複数の環境にある既存のシステムと統合したり、クラウドのデータをビジネス・アプリケーションにシームレスに再び統合したりする柔軟性を備えた次世代のインフラストラクチャーを構築できます。

調整と自動化のためのツール

データがどこにあるかにかかわらず、シンプルなツールを使用して、実稼働環境間のデータの移動を管理および自動化します。

強力なハイブリッド・クラウド戦略の基盤となる、柔軟で安全なプラットフォーム

強力なプライベート・クラウド・アーキテクチャーから始め、ビジネスの要求に応じてシームレスに拡張して、パブリック・クラウド・インフラストラクチャーを活用してください。IBMは、お客様の変革の規模と段階に合った安全なクラウド・プラットフォームを提供します。

クラウドでの自動化、保管、調整のためのツールをご利用ください。

マルチクラウド環境のデータとワークロードを管理および調整するための、物理的なストレージ製品とソフトウェア定義のストレージ製品を紹介します。

安全かつ効率的に拡張するハイブリッド・クラウドを構築

IBMのハイブリッド・クラウド・ストレージを使用すると、オンプレミス・ストレージとクラウド・ストレージ・プロバイダーとの間でデータを動的に流すことができます。シンプルなクラウド対応のオンプレミス・ストレージ、ソフトウェア定義のストレージ、Storage as a Serviceのオファリングを含む、包括的なポートフォリオを紹介します。

ソフトウェア定義のストレージを使用してどこでも保管および実行

クラウド、ビッグデータ、アナリティクス、オブジェクトなどの非構造化データの高度なストレージ管理を実現します。IBM Spectrum Scale™は、高性能で大規模なワークロード向けの、ファイルおよびオブジェクトを一元的に管理するソフトウェア定義のストレージをオンプレミスまたはクラウド上で提供します。

オールフラッシュ・ストレージによりハイブリッド・クラウド環境のパフォーマンスを向上

IBM DS8880F®は、IBM z、IBM Power Systems™、分散システムのすべての基幹業務ワークロードを、99.9999%を超える可用性を実現する単一のオールフラッシュ・ストレージ・ソリューションで統合します。

ハイブリッド・クラウド環境を拡張して「noisy neighbors(問題となる原因)」を解消

コスト効率の高いオールフラッシュ・ストレージにより、クラウド・ソリューションを簡単に導入できます。IBM Spectrum Accelerate™に基づくグリッド・スケールのクラウド・ストレージがロード・バランシングとチューニングの必要性を排除し、豊富なデータ・サービスを提供し、フラッシュ用に最適化されたインライン・データの容量を削減します。サービス品質(QoS)機能とマルチテナンシー・サポートにより、「noisy neighbors(問題となる原因)」を解消します。

共有環境でデータ集約型のアプリケーションを確実に導入

IBM Spectrum™ Computingは、インテリジェントなワークロードとポリシー・ベースのリソース管理により、オンプレミスとクラウドのデータセンター全体で計算クラスターを最適化します。

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャー: シンプルさとパフォーマンスの両方を実現

IBM Hyperconverged Systems powered by Nutanixは、単一のコントロール・ペインを使用して、すべての基幹業務アプリケーションのコンピュート、ストレージ、ネットワークを管理することで、エンタープライズ・クラウドの導入を簡素化します。

おすすめ資料

SAP HANAが必要とする膨大なメモリー容量をクラウドで拡張

IBM Cloudに、Think 2018で発表された新機能であるSAP S/4HANA on IBM Power Systemsサーバーを導入しました。

Cloud Object Storageがガートナー社の最高スコアを獲得

IBM Cloud Object Storageは、アナリティクス、アーカイブ、バックアップ、コンテンツ配信、クラウド・ストレージなど、ガートナー社が評価したすべてのユース・ケースにおいて最高スコアを獲得しました。

強力なクラウド・アーキテクチャーでハイブリッド・クラウドに備える

データセンター内に強力なプライベート・クラウド・アーキテクチャーを持つことで、いかに、またなぜ確信を持ってハイブリッド・クラウドへの次の一歩を踏み出せるかをご覧ください。

脚注

[1]451 Research社の「Voice of the Enterprise, Cloud Transformation, Workloads and Key Projects 2017」

電話でのお問い合わせ: 0120-550-210 | 識別コード:IBM Systems