インフラストラクチャーの壁を取り払いましょう。AIに適切な解決策を見つけましょう。

AIの目標を実現するにはオーケストレーションが必要です。IDCによると、23%の企業が、検討しているAIソリューションに適切なソフトウェアまたはアルゴリズムを特定しておらず、77%がインフラストラクチャーによって制限されていると感じています。AIジャーニー上の障害を素早く解決し、マシン・インテリジェンスの運用上の利益を実現する方法をご覧ください。

AI戦略の成功に不可欠な要素

お客様がコグニティブ・ビジネスをサポートするために、社内で構築したAIアプリケーションかクラウド・ベース・サービスのどちらを必要とするかにかかわらず、IBMはお客様の問題解決能力を強化・加速する幅広いソリューションを提供します。

ハードウェア、ソフトウェア、データへの統合的なアプローチ

IBM ITインフラストラクチャーは、AIの全体像を念頭に置いて設計され、システム、ソフトウェア、オープン・ソース・フレームワークを適切に組み合わせることによって、お客様の IT インフラストラクチャーがAIやディープ・ラーニングの成功に寄与できるようにします。

スピードと柔軟性

IBMには、AIに必要な計算、スループット、およびGPUアクセラレーションがあります。お客様は、クラウドかオンプレミスかにかかわらず、AIを実行するための柔軟なハードウェア/ソフトウェア構成を選択できます。

適切なソフトウェアとアルゴリズム

ワークロード管理やコア最適化からオープン・ソースのディープ・ラーニング・フレームワークに至るまで、IBMは数千のコア全体でのお客様によるトレーニング、導入、最適化を支援するソフトウェアを提供します。

AI用の高速かつ柔軟なプラットフォーム

機械学習とディープ・ラーニングにより構築されたアプリケーションは、システム要件を新たなレベルに押し上げます。AIが必要とする速度で大量のデータを処理するには、大量処理能力、高スループット、およびGPUアクセラレーションが必要です。

GPUにより加速されたサーバーにより、高速で大容量の処理を行う基盤を構築

IBM® Power Systems™ AC922は、GPUアクセラレーションとエンタープライズ・クラスのサポートによって高速データベースとディープ・ラーニング・フレームワークを導入する最速の方法です。

リアルタイムの洞察を取得してオープン・ソースの機械学習を活用

最新世代のIBM Z®メインフレームは、100%暗号化を実現し、コンプライアンスを簡素化し、堅固なクラウド・データセンター・プラットフォームを提供します。 z14では、データを移動することなく、メインフレーム上に存在する貴重なデータに機械学習を適用できます。

最も重要なデータに機械学習を適用

IBM LinuxONE™サーバーには、最大170個のコアと最大32TBのメモリーから構成され、各お客様企業にその社内に存在するデータへのアクセス権限を提供することで、機械学習の複雑な計算をサポートします。

AIに関して言えば、スピードがすべてであり、IBMのソリューションは競合他社を圧倒的に上回ります。私たちの意見では、IBMのレベルに近いものは他にありません。

—Ari Juntunen, CTO, Elinar Oy Ltd

新しいインテリジェンスをお客様に提供するためのソフトウェアとフレームワーク

IBMソリューションは、完全なAIソフトウェア・プラットフォームとともに、トレーニング、アクセス、洞察を迅速化するためのオープン・ソースおよび業界固有のディープ・ラーニング・フレームワークを提供します。

AI用に完全に最適化およびサポートされているプラットフォームを実装

PowerAIでは、データ・サイエンティストや開発者向けのディープ・ラーニング・エコシステムが、プリインストールされたフレームワークと共に提供されます。最大256個のGPUの拡張により、トレーニング時間を数週間や数日から数時間や数分にまで短縮できます。

世界をリードするコグニティブ・コンピューティング・プラットフォームを活用

IBM Cloud™上のWatsonにより、世界で最も強力なAIをアプリケーションに統合し、最もセキュアなクラウドでデータを保管、トレーニング、および管理することができます。

リアルタイムの洞察で、より優れた顧客体験を創出

IBM Z上での機械学習により、メインフレーム上に既に存在する大量の企業データから隠れた価値を引き出して、リアルタイムで貴重な洞察を容易に収集できるようになります。

オープン・ソース・フレームワークでML/DLをジャンプ・スタート

TensorFlowのオープン・ソース機械学習フレームワークによって、コグニティブ・テクノロジーの適用選択肢が広がります。IBM LinuxONEおよびLinux on IBM Zのユーザーは、最新の機械学習とディープ・ラーニングの研究アイデアを、システムを離れることなく基幹業務データに導入することができます。 

実験から実動へのAIジャーニーを最適化

新着情報! IBM Reference Architecture for AI Infrastructureは複雑な操作を単純化し、リスクを軽減します。

AIのワークロードを微調整するための管理ツール

モデルを実行するために必要なデータは、企業全体に散在しています。選択した環境での計算とストレージの両方において、AIワークロードを最適化するために必要なソフトウェアを見つけましょう。

大規模なデータを管理し、アーカイブと分析を適所で実行する

クラウド、ビッグデータ、分析、オブジェクトなどの非構造化データを先進的なストレージで管理します。

ディープ・ラーニングのワークフロー用のエンドツーエンドのサポートを得る

GPUに至る全ジョブの実行方法の微調整が可能なクラスター・ワークロード管理によって、使用率を最大化できます。

おすすめ資料

AIの後にくるもの

IBMは、AIの未来について人工知能のビジョナリー30人と話をしました。ソート・リーダーが予測するものが、AIイノベーションの次の波を促進する役割を果たすのをご覧ください。

AIモデルでの偏り(バイアス)の軽減

AIシステムの有効性は、トレーニングで使用されたデータによって決定されます。IBMおよびその他の業界のイノベーターが、AIモデルの偏り(バイアス)を最小限に抑え、人工知能が責任を負い包括的であることを保証する方法をご覧ください。

IBMは、POWER9およびNVIDIAを使用して、テラバイト単位の機械学習ベンチマークでトップのパフォーマンスを実現します。

IBMが提供する新しいAIソフトウェアであるSnap MLは、従来の業界ベンチマークよりも46倍速く、瞬時にモデルのトレーニングを行います。

電話でのお問い合わせ: 0120-550-210 | 識別コード:IBM Systems