2018年7月3日(火曜日)に東京、7月6日(金曜日)に大阪で開催のイベント「IBM i World 2018」の講演資料をダウンロードいただけます。


IBM i とともにAI時代の勝者へ。次なる30年へ向け、今スタート!

日本アイ・ビー・エム株式会社
サーバー・システム事業部 コグニティブ・システム事業開発
IBM i 統括部 部長 久野 朗

AI時代のビジネス変革には、従来型のフレームワークとは異なる基幹アプリケーション・デザインが必要となります。当セッションでは、IBM i 上の、既存のアプリケーション資産を活かしつつ、AI/クラウド/IoTなどの最新テクノロジーとのアジャイルな連携を実現するあたらしいフレームワークについて、ユースケースを含めて紹介いたします。


【お客様事例紹介セッション】 ナンバープレート読取カメラからのリアルタイム顧客情報照会 - IBM i + Node.js WebSocket 通信の活用 -

九州三菱自動車販売株式会社
稲葉 剛 氏

九州三菱自動車販売では、店舗に設置したIPカメラで来店車輌のナンバープレートを読み取り、IBM i 上にある顧客情報とリアルタイム照会する仕組みをNode.js、WebSocketを活用し構築しています。当システム構築に際して必要となった過程や、実現によって得られた効果について、弊社のお客様にとっての価値も含めご紹介します。


【お客様事例紹介セッション】 お客様事例紹介セッション住商モンブラン流 高付加価値『働き方改革』- IBM i + Watson Analytics の活用 -

住商モンブラン株式会社
横田 昌宏 氏

住商モンブランでは、ビジネス戦略・企画立案に必要不可欠なデータ・アナリティクスのプロセス改善に、IBM i とWatson Analyticsを使用して取り組んでいます。これにより、IT部員依存型のアナリティクスから、現場部門完結型のアナリティクスへの変革に成功。単なる生産性向上による時短ではない、住商モンブラン流の、イノベーティブな『働き方改革』が実現しました。この取り組みから得られた効果、そして将来計画について、ご紹介します。

※ 資料の公開はありません。


IBM i の " モダナイゼーション" のハウツー ~必ず知っておきたい3つの視点~

日本アイ・ビー・エム株式会社
サーバー・システム事業部 コグニティブ・システム事業開発
IBM i 統括部 部長 久野 朗

時代と共にIBM i 上の貴社基幹アプリケーションを進化し続けていくために、必ず知っておいていただきたい3つの視点、すなわち「AI連動のための具体的方法」、「アプリケーション資産の新しい開発・保守基盤」、「IBM i 技術者の確保/育成」について、IBM の最新のテクノロジーや取り組みを紹介いたします。