概要

最新のIBM Powerサーバーは、消費電力や施設スペースを増加させることなく、より効率的な運用、そしてハイブリッドクラウド戦略を実現します。極めて高い信頼性と安全性を誇るPower10は、堅固なシステムであり、企業の事業継続を担う運用やAIアプリケーションをモダナイズする上で信頼されています。

  • ビジネスを中断することなく、現在及び将来のサイバー脅威にも対応します。
  • 同じ消費電力、より少ないインフラストラクチャーで、より多くの処理能力を提供できます。競合システムよりも25%高い稼働率を実現します。
  • オンプレミスとクラウドの間でワークロードをシームレスにシフトでき、従量課金モデルを提供します。
  • CPU搭載の推論エンジンにより、データがある場所でのAIを実現します。

IBM Power特長

俊敏性を実現する Power10

IBM Power10プロセッサー搭載のIBM Power10サーバーは、効率性と処理能力を重視して設計されています。

処理能力

参考情報

Powerユーザー・コミュニティー

他のPowerユーザーと共に学習、共有、情報交換を行えるほか、最新のPowerコミュニティーのニュースを得られる場です。

IBM Power向けの柔軟なCapacity on Demand

IBM Powerの柔軟な従量課金モデルのため、お客様はビジネス・ニーズの変化に応じて、プライベート・サーバー上で1つ以上のリソースを動的に提供することができます。

IBM Power Systems Virtual Server

IBM Power をIBM Cloud経由で従量課金にて利用できるサービスです。基幹系システムやコンテナ・アプリの基盤としてはもちろん、災対や開発・検証環境としても最適です。