オフコンや国産メインフレームでレガシー化した基幹システムの移行にお悩みではありませんか?

レガシーシステムの移行先としてまず候補に上がるのは、オープン系システムかもしれません。
しかしその場合には、既存のソフトウェア資産の破棄、アプリケーションの新規開発やパッケージ利用を伴います。
そのため、移行作業の大半を新規構築が占め、コスト面や、将来的な資産継承性などさまざまなリスクを考慮する必要があります。
レガシー・マイグレーションを成功に導くために必要な3つの視点をご紹介します。

お悩み別、ヒント情報

国産メインフレームで構築したシステムのプログラムを、そのまま安価なプラットフォームに移行したい。

JR貨物、国産メインフレームからの刷新により、コスト削減、防災対策の強化を実現

最新のIT技術の実装、モバイル対応、セキュリティー、運用の容易性、コスト...。すべてを満たすプラットフォームが見つからない。

システムコスト、運用容易性、セキュリティーなどさまざまな観点から各種OS別に比較

サーバー、ミドルウェア、アプリケーションのそれぞれのライフサイクルがバラバラ。システムの管理が大変。

OSとミドルウェアが統合され、2,300超のソリューションをもつアプリケーション・プラットフォーム

電話でのお問い合わせ: 0120-550-210 | 識別コード:Power