ハイブリッド・クラウドを保護

より迅速なアプリケーションの構築や実装を支援でき、トップレベルのセキュリティーを提供できるハイブリッド・クラウド・インフラストラクチャーが必要です。


ハイブリッド・クラウドをLinuxONEで保護する理由

ユーザーとIDを管理

適切なユーザーに適切なアクセス権を付与し、不要な特権アクセスをなくします。

重要資産の保護

全方位型暗号化で場所を問わずすべてのデータを保護します。

安全なハイブリッド・クラウド

データ所有者がクラウド・インフラストラクチャーや複数データセンター環境にあるデータを完全に制御できるようにします。


DACSが新しい暗号資産テクノロジーを指揮

「暗号の保管、交換やBlockchain As A Serviceの導入が増加するにつれ、当社の潜在的な市場は拡大の一途をたどっています。私たちはIBMと協業してDACSプラットフォームを迅速に市場に出し、世界中にあるIBMや弊社の組織にとってまったく新たな価値提案を行っています。」

Brad Chun氏、Shuttle Holdings会長兼最高投資責任者

データ・プライバシーとセキュリティーの新たなスタンダード、LinuxONE の紹介

LinuxONE III

あらゆる場所での暗号化とクラウド・ネイティブでの開発により、クラウド戦略を次のレベルに引き上げます。

LinuxONE Rockhopper II

LinuxONE  IIIの機能の多くを提供する単一フレームのLinuxサーバー、あらゆるクラウド・データセンターに適合する仕様に設計されています。


セキュアなクラウド・サービス

LinuxONEは、信頼性とコンプライアンスを維持しながら最もセキュアなクラウド・ベース・サービスを作成、実装、デリバーできるプラットフォームを提供します。

パブリック・クラウド

ブロックチェーン

オンプレミスのブロック・チェーンの実装を保護します。

IBM Hyper Protectサービス

IBMクラウド上のクラウド・ネイティブ・アプリにセキュリティーとレジリエンシーをもたらします。

プライベート・クラウド

IBM Cloud Private

エンタープライズ・プラットフォーム上のコンテナーとKubernetesを使用して、クラウド・ネイティブ・アプリケーションを開発、実装します。

Red Hat OpenShift

IBMとRed Hatは、Red Hat OpenShiftをIBM LinuxONEに提供する意向を発表しました。

クラウド最新動向とプライベート・クラウドの新たな選択肢

日本IBMは IDC Enterprise Infrastructure Vision 2019 にて、市場動向およびIBMのハイブリッド・マルチクラウド戦略について説明しました。当日の資料をダウンロードいただけますので、ぜひご一読ください。

デジタル・マウンテンのスケーリング

セキュア、アジャイルで効率的な組織への道のりについてご覧ください。

ブロックチェーンと安全性

LinuxONEとブロックチェーンの安全性に対するPUND-IT社のアナリストの見解をご覧ください。

IBM ZおよびLinuxONEのRed Hat OpenShiftサポートに関するIBMの方針の発表

スマートなサイバーセキュリティーをコラボレーションする3つの方法

デロイト社

デロイト社はLinuxONEでセキュアな技術革新を促進

IBMをフォローする

IBMをフォローする