要件管理の重要性

要件管理が不十分なためにプロジェクトの47%が失敗している、という調査結果があります。顧客のニーズを特定し、ステークホルダー同士が共同作業を行い、ライフサイクル通じた制限の理解の共有を確立することで、業界をリードする企業は、変更のトレーサビリティーと可視化を実現して、冗長性とあいまいさを軽減しています。

戦略的なアプローチを採用して市場をリード

要件管理に対する従来型のアプローチでは、複雑化し、ネットワークに接続されたIoT対応製品への対応が十分に行えない場合があります。市場をリードするためには、要件管理に対する戦略的なアプローチの導入が有効であり、その結果、IoT対応製品を機能的なシステムへと変革できます。

戦略的なアプローチを採用して市場をリード

製品やサービスの市場投入に要する期間を短縮

要件と重要な関係性の可視化によって、設計チーム全体でリアルタイムのコラボレーションが実現します。要件管理が効率的に行われることによって、開発コストを57%、品質コストを69%削減するとともに、市場投入に要する期間の20%削減が可能になります。

コラボレーションの強化

要件管理のための単一のプラットフォーム上で、設計チーム全体がコラボレーションを促進することで、複雑な製品開発プロジェクトの俊敏な遂行がサポートされます。必要な情報はクラウド上で共有されるため、複数の関係者が同時に、しかも、場所を選ばずに協業が行えます。

コラボレーションの強化

IBMが提供する要件管理製品

DOORS Next Generation

市場が求めるネットワークにつながる製品を提供するために、要件の変更を収集、追跡、分析、管理するスケーラブルなソリューション

IBM Rational DOORS

開発エコシステム全体のコミュニケーションとコラボレーションを最適化し、相互接続されたインテリジェントな製品のコストを削減します。

お客様導入事例

Adocus AB:要件管理の自動化

Adocus ABは、IBM Rational DOORSの活用により、スウェーデン運輸管理局の複雑なプロジェクトをシンプル化しました。要件管理の自動化により、プロジェクトの期限に合わせて進捗を管理するとともに、コスト削減のための新たな方法をスウェーデン運輸管理局に提供しました。

このソリューションの実用例