市場調査会社Ovum社が、IBMを業界リーダーに指名

要件管理のためのベスト・プラクティスとは

製品の品質は、その製品の要件内容で決まります。システム・エンジニアが今後ますます複雑さを増すコネクテッド製品を管理するには、新機能や変更内容に対するより優れた可視性、データに対するより深い洞察、グローバルなコラボレーションのための共有ツールが必要です。

要件のトレーサビリティ

エンジニアリング要件発生の際には、テストケースそれぞれの結果と変更内容を、その関係性と共にすべて可視化します。付与された注釈をすべて収集維持し、容易にアクセスできるように管理します。

バリアント管理

システムとソフトウェアの開発プロセス全体を通じてバージョンとバリアントの進行状況をモニタリングし、すべてのデータを文書ファイル形式で共有ダッシュボードに保管します。

エンジニアリング・コンプライアンス

業界の標準や規制を要件に組み込み、早期にコンプライアンスを達成します。エンドツーエンドのエンジニアリング・ライフサイクルにコンプライアンスを組み込むことで、コンプライアンス達成の複雑さを軽減します。

アジャイル管理

常に信頼できる唯一の情報源を提供し、グローバルなコラボレーションとエンジニアリング・プロセスの効率化を実現します。
正しい方向へと進むための作業を進めていることをリアルタイムに示すことで、チームに自信と活力を与えます。

トレンド

モニターを見ているエンジニア

Watson AIでエンジニアリング要件管理を強化

エンドツーエンドの製品開発ライフサイクル管理(ELM)の鍵を握るのは、要件そのものの品質向上です。Watson AIを基盤に要件定義/要求仕様書作成を支援するRQA(Requirement Quality Assistant)は、リスクを最小化し、市場投入までの時間を短縮します(RQAは、DOORSとDOORS Nextをご利用いただいているお客さまにもご利用いただけるようになっています)。

全要件変更をカバーするトレーサビリティー

製品開発は複雑さと困難さを増し続けており、エンジニアは日々、急速に増え続ける設計要件と戦い続けています。
検証、品質管理、トレーサビリティ、要件管理、コンプライアンス…。莫大な要求に応え、複雑さを管理していくためには、まったく新しいアプローチとELMソリューションが必要です。

バージョンとバリアントを一元管理

複数のシステム同士が連携しあう今日の製品開発においては、オリジナルの製品やシステムと、そこから派生するシステムやサブシステムの関係性およびバージョンとバリアントの管理は欠かせません。
すべてのデータが共有される一元的なデジタル・ダッシュボードが必要です。

会議室でミーティング中のビジネスマン

エンドツーエンドのエンジニアリング・プロセスにコンプライアンスを組み込む

開発プロジェクトの各ステージを統合プラットフォーム上で一元的に実施することにより、コンプライアンス達成の複雑さを軽減することができます。
すべての要件変更及び実行履歴が常に参照できるので、プロジェクト全体との関係と関連性を見失うことがありません。また、レビューと監査をより簡単に行えるよう、ドキュメントはプラットフォームに組み込まれています。

グローバルなコラボレーションを実現する大規模アジャイル用ツール

大規模アジャイル用のELMツールにより、開発チームにプロジェクトの可視性と透明性を提供し、開発チーム間のよりスマートなコラボレーションを実現します。
エンジニアリング・プロセスを効率化することにより、市場投入までの時間を短縮し、エラーを減らし、最終製品の品質を高めます。

このソリューションを支える製品

IBM Engineering Requirements Management DOORS Next

要件の変更内容を収集、追跡、分析、管理するスケーラブルなソリューションで、市場が求めるネットワークにつながる製品を提供します。

IBM Engineering Requirements Quality Assistant

クラウド・ベースのAIアシスタントを使用して要件を作成することで要件の品質が向上し、不具合を減らし、市場投入までの期間を短縮できます。

IBM Engineering Requirements Management DOORS Family

開発エコシステム全体のコミュニケーションとコラボレーションを最適化し、相互接続されたインテリジェントな製品のコストを削減します。

お客様事例

メルセデス・ベンツ社が要件管理ツールを使用してデジタル変革を推進

メルセデス・ベンツ社はIBM Engineering Lifecycle Managementツールを活用して、自社のチームの働き方を再設計しました。これにより労働時間を短縮しながら、世界中の顧客満足を向上させるための次世代システムを導入することにも成功しました。その詳細をご覧ください。

このソリューションの実用例

要件管理に関するよくある質問(FAQ)への回答をご覧ください。

要件管理計画とは何ですか?また、その目的は何ですか?

製品を開発するには、事前にその製品の要件を把握しておく必要があります。これらの要件には、その製品がどのような外観で、どのような特性を持ち、どのような機能を実行するのかなどが含まれます。要件管理計画は、製品設計のリポジトリーとして機能し、製品がどのようなものになるかについての「信頼できる唯一の情報源」となります。また、エンジニアリング・チームがシステム・モデルを構築し、包括的なテストを実施するために使用する基盤となります。

要件管理が重要な理由と、ツールを使用して要件の品質を向上させる方法を教えてください。

 要件管理は製品設計に必要な要素を確定させるものであり、これがなければ設計はできません。そして正確な要件管理プロセスがなければ、エンジニアリング・チームが仕様を誤って解釈したり、顧客のニーズに対応しない製品を開発してしまうなど、手戻りを繰り返し生産性を低下させ、品質と顧客満足度に悪影響を及ぼす可能性があります。開発要件をスプレッドシート、文書、Eメールで管理する代わりに、製品開発ライフサイクル管理ツールを用いることで、開発要件プロセスを最適化し、目的に適した製品を開発することができます。

要件管理ツールとは何ですか?

要件管理ツールとは、製品にかんする要件データを一元的に統合管理するソフトウェア製品であり、製品設計の「信頼できる唯一の情報源」となるデータベースです。設計に関する最新情報および過去の全履歴を参照でき、製品開発プロセス全体にわたって使用されます。エンドツーエンド・ソリューションとして、別の開発管理ツールと相互連携し、生産性と品質を向上させコストを削減します。

要件管理の責任者は誰ですか?

通常は製品開発責任者が、要件の定義と変更管理を担当しその責任を負います。ただし、顧客やパートナーの他、営業、サポート、管理、エンジニアリング、運用、製品のチームのメンバーを含む、あらゆる利害関係者からもたらされるのが要件です。それを管理し、変化し続ける優先事項をエンジニアリング・チームが常に把握できるようにするためには、絶え間ないコミュニケーションが必要となります。

要件管理のベスト・プラクティスとはどのようなものでしょうか?

エンジニアリング・ライフサイクル全体を通して製品開発を推進し続けるのは、絶え間なく変化を続ける要件です。そのため、要件は常に明確に定義、編成、優先順位付けされる必要があります。1つの包括的プラットフォームで要件を管理し追跡するツールを使用することにより、プロジェクト・チームはコミュニケーションを一元化でき、担当分野、時差、サプライ・チェーンを超えて効果的に協業して作業を進めることができます。要件管理ツールを用いて要件の定義と変更管理を適切に行うことにより、製品チームとエンジニアリング・メンバーとのコミュニケーションが明確で一貫性のあるものとなり、必要な変更情報がすべての利害関係者に適切に共有されます。

要件管理戦略をサポートするためにAIをどのように活用できますか?

AIを使用することにより、エンジニアリング・チームは、あいまいで不十分かつ不完全な要件を簡単に見つけることができます。そしてWatson AIは、品質指標に基づきそれらの問題ある要件をスコアリングし、より一貫性のある明確かつ完全なものにするための提案をリアルタイムで提供します。AIを要件管理戦略に追加することにより、エラーとコストを削減しながら、要件の品質を強化できます。

DOORSソフトウェアとは何ですか?

IBM Engineering Requirements Management DOORS Nextは、IBMの要件管理製品であり、IBM Engineering Lifecycle Managementソリューションの一部です。ハードウェアとソフトウェアの両方の開発を行う業界や、堅固な要件管理、高度で複雑な製品開発が求められる業種・業界において、市場をリードする最先端のツールとして広く認知されています。

要件管理ツールはどのようにしてトレーサビリティを向上させることができますか?

「信頼できる唯一の情報源」を実現することで、トレーサビリティの基盤を提供します。開発プロセスは要件定義から始まります。開発プロセス全体でこれらの要件を管理することで、要件定義から要件のシステム・モデリングまで、さらにはそれらの要件に対するテストまでの進捗を追跡できます。この基盤により、すべての人が同じデータを使用して作業できるようになります。

要件管理ツールはどのようにしてコストを削減できますか?

製品開発のための強力な基盤を確立することにより、生産性に悪影響を与える可能性のある誤ったデータでの作業や、要件の解釈の誤りから発生する手戻りを、削減/排除することができます。
開発後期の製品変更の可能性を下げるので、製品品質の向上と開発期間の削減にも直接的な影響を与えます。