リスクから労働者を守るスマートな方法

毎年、3億7700万人の労働者が負傷し、時には命にかかわることもあります。医療費、生産性、コンプライアンス違反による罰金などで数十億を失うことになるので、企業は労働者の安全を高める必要があります。IoTと分析でウェアラブル・センサーと環境センサーからリアルタイム・データを収集して、危険を分析および予測しながら、継続的な学習によって安全ガイドラインを改善します。

トレンド

労働者の安全の最新化

IBMはGarmin Health社、Guardhat社、ミツフジ社、SmartCone社と共同で、危険な作業環境でIoTデバイスからバイオメトリック・データと環境データをモニターするために設計されたソリューションに取り組んでいます。

デジタルが物理的な危険から保護

工場の床をきれいに掃除し、鏡を取り付けて見通しをよくしても、作業員が疲れて注意が散漫になっているときにはそれでも事故が発生してしまいます。ウェアラブル・センサーにより生体データを取得・分析することで、作業員の動作をモニターし、重要な兆候を発見し、危険を察知して警告や確認、注意を促すメッセージを送ることができます。

デジタルが物理的な危険からの保護を知らせる

パーソナライズされた安全プログラムを職場で構築

事前作成またはカスタマイズされた「安全シールド」を使用して、集約データ結果を状況に適用して危険を検出します。これらのシールドは、代表的なユース・ケースを中心に設計されており、従業員と一般市民の両方の事故防止に関するインテリジェントな洞察を提供します。

パーソナライズされた安全プログラムを職場で構築

このソリューションを支える製品

IBM Maximo

インテリジェントな資産の保守と運用に関する重要な洞察です。

IBM Maximo Worker Insights

IoTテクノロジーと高度な分析を使用して、職場の安全性を向上させて事故を防止するクラウド・ベースの強力なソリューションで、予測防止を行い、迅速に効果をもたらします。

その他の興味深いソリューション

お客様事例

Nation Waste社が安全を身に着ける

廃棄物とリサイクルの会社Nation Waste社は、IBM Watson IoT™を環境センサーとウェアラブルに使用して、潜在的な職場の危険を特定しています。その結果、負傷関連のコストが60 %低下し、生産性が向上し、管理プロセスがより合理化されました。