対応すべき7つのサステナビリティー・トレンド
3,250人のビジネス・リーダーを対象に、サステナビリティーの優先事項と影響要因に関して世界的な調査を行いました
レポート全文をダウンロード サステナビリティーに関する最新情報を購読する
サステナブルな人的ネットワークを表現したイラスト
2024年に予期される主な出来事

未来への準備が整った企業になるには、今日どのような行動を取るかが重要です。そのためIBMは、2024年のサステナビリティーの状況がどのようなものになるか理解を深めるため、独立系調査会社のMorning Consult社に依頼して、グローバルIT企業の意思決定者とサステナビリティー戦略作成者の3,250人を対象に、投資予定と優先事項、戦略について調査を行いました。この調査の結果、同業他社はサステナビリティーの目標を実行に移して新しいビジネス価値を達成するために、7つの重要な領域を積極的に推進していることが明らかになりました。最新の成功要因は何か、またそれを適用してサステナビリティーの目標を継続的に進展させるにはどうすればよいかについて理解を深めたいと考えるすべての組織にとって、このレポートは必読です。

レポートの概略
傾向1 認識のギャップ

環境持続可能性の目標を進める上で、データ管理は依然として大きな障害です。調査対象者の65%が、その主な要因に測定と分析を挙げていることは、多くのリーダーが自社のサステナビリティー追跡能力について「成熟している」と考えているにもかかわらず、現実ははるかに複雑であることを示しています。

傾向2 重要な方策:サステナビリティーとデジタル・トランスフォーメーションの融合

ビジネス・リーダーは、ITとサステナビリティーに強い関連性があると考えています。この分野への投資は増加の一途をたどると予想されており、調査対象者の79%が、将来のIT投資の少なくとも半分をサステナビリティーの取り組みに割り当てるつもりだと回答しています。

傾向3 近い将来にサステナビリティー投資からビジネス成果を実現

業績上位の企業は、サステナビリティーと社会的責任、株主価値の間で妥協せず、これらすべての成果を同時に達成します。実際に、新しいITツールの導入から得られるとリーダーが期待するサステナビリティー関連のメリットは、消費電力の削減(34%)と廃棄物の最小化(32%)です。

レポートをダウンロードして、調査結果全体をご覧ください

レポートにアクセスするには、以下のフォームにご記入をお願いします。

次のステップ

IBMのコンサルティング・チームでは、カスタマイズされたソリューションを使ってサステナビリティー戦略を実行する方法について、ご相談を受け付けています。

サステナビリティー・ソリューションをご覧ください。 IBM Consulting™ Sustainability Servicesの詳細