顧客データをリアルタイムの顧客サポートの洞察に変換

通信パートナー会社はこれまでになかったほど、動的なコール・センター・ソリューションを必要としています。増大する顧客の要求に対応して、顧客と担当員の満足度を向上させるためです。 現在のコンタクト・センター・ソフトウェアは、オールインワン・プラットフォームでオムニチャネル・オプションにわたる顧客サービスの問題を解決する機能を提供します。 これは、エスカレーションの必要性を最小限に抑えるのに役立ち、クレームを軽減することで、顧客エンゲージメントと労働力の最適化を全体的に改善します。

AI対応ソリューションを組み込むことにより、自動着信呼分配に基づくセルフサービスの対話式音声応答オプションまたはセンター担当員への着信コールのどちらでも、卓越した顧客体験を提供するという究極の目標につなげることができます。

メリット

99%

仮想エージェント・テクノロジーを使用した結果、顧客満足度の向上を報告した回答者の割合。

20%

人間の担当員の満足度に対する、仮想エージェント・テクノロジーによる貢献度の平均。

96%

仮想エージェント・テクノロジーの実装に対して期待された投資収益率を超えたか、達成したか、または達成する見込みである割合。

コール・センター・ソリューションのお客様事例

Vodafone社

新しいAIアシスタントであるTOBiは、ヘルプ要求の90%以上を理解して、顧客サポートを向上させています。

CenturyLink社のWebセミナー

IBM Watson®とAIを使用して構築されたコール・センター・ソフトウェア・ソリューションにより、企業がコストを削減してデジタル・エンゲージメントを強化できるようにします。

Autodesk社

一般的なヘルプ・デスク・サービス問い合わせを自動化することにより、解決時間を短縮して、顧客満足度を10ポイント向上させます。

ソリューション

参考情報

AIによるコンタクト・センターの合理化

コンタクト・センターで人工知能を使用することで、顧客満足度を向上させます。

自動化だけでは不十分な場合

経験し、それを自動化する ー Enghouse Interactive社は、そのコンタクト・センターを自動化する方法を再考しました。

コンタクト・センターの改革

インバウンド・コールとアウトバウンド・コールのキューイングを簡素化して、それらを適切な担当員にマッチングできるようにします。 AIの仮想アシスタントの使用により、サポート・チームを強化してコストを削減します。

ビジネス・ニーズに対応し、従業員の管理を改善し、コンタクト・センター・プラットフォームを変革するために役立つ、IBMコール・センター・ソリューションをご検討ください。 詳しくはIBM担当員にお問い合わせください。