小売サプライチェーン管理

顧客が要求する場所に、要求するタイミングと方法で商品を届けることが、かつてないほど重要で複雑な問題になりました。 現在も続く新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって、小売業界は変化を余儀なくされました。 大量のe-コマースのオンライン注文が短期間に集中するようになったために、製品の補給に問題が発生するようになりました。競争上の優位性を積極的に追求するには、オムニチャネルのカスタマー・エクスペリエンスを効率的に提供するために、他の追随を許さないレベルの可視性、透明性、自動化機能を備えた小売サプライチェーン管理が必須です。 人工知能ソリューションを活用すれば、在庫管理、オーダー・オーケストレーション、オーダー・フルフィルメントのプロセスがすべて強化され、小売企業や消費財企業が必要とするサプライチェーン全体を総合的に可視化できます。 ブロックチェーン・ソリューションは、店舗の透明性、セキュリティー、信頼性を高めるだけでなく、それらを取引パートナー全体に拡張することによってサプライチェーン・プロセスの変革を支援します。

小売サプライチェーンのお客様事例

L’Oreal社

パーソナライズされた製品をマルチチャネルの顧客に迅速に提供するために、サプライチェーン戦略をインダストリー4.0によって変革しました。

Yara社

ビッグデータを活用して、小規模農家を強化するための情報を収集し、成長を続ける世界への供給を支援します。 

小売サプライチェーン・ソリューション

様々な要求への対応

顧客からの様々な要求は、変化し続けています。サプライチェーン管理は、そのような要求によって常に試されています。 適切なソリューションを導入すれば可視性と俊敏性がもたらされるだけでなく、リアルタイムでのビジネスの方向転換も可能になります。

インテリジェントなフルフィルメント・プロセス

サプライチェーンのベスト・プラクティスを再定義して、サプライチェーン全体で信頼性と透明性を維持しながら、最適な形で納品できるようにします。

最新の産業革命

デジタル化と人工知能がどのように業務にレジリエンスをもたらし、インダストリー4.0のメリットを実現するのかをご覧ください。  

参考情報

人々と地球を大切に扱いながら利益を確保

お客様の小売サプライチェーンはサステナビリティ―の問題に取り組む準備ができていますか。

IBMと国連海洋科学の10年

重要な環境問題に対する理解を深めると、意思決定を改善できます。

消費者向けサプライチェーンの次の進化

新型コロナウイルス感染症危機はサプライチェーンに大きな打撃を与えました。サプライチェーンの運用の将来性を確保するために、不測の事態に対処できるようにしましょう。

サプライチェーン管理と収益性の改善を目的として設計された動的なソリューションを使用して、小売サプライチェーンのデジタル変革を推進します。