顧客個々人の意見

顧客を1つのセグメントとして扱います。 顧客データを包括的に把握し、エンドツーエンドでカスタマージャーニーの深い洞察を得ることができます。

顧客の嗜好を洞察

顧客をより良く理解するためにAIの活用が必要です。 顧客とのエンゲージメントを促し、過剰メッセージを削減し、顧客が必要なときに必要な物を表示する、パーソナライズ化された顧客体験でマルチチャネルへの訪問数を増やすのです。

 

市場シェア回復

最も重要な瞬間を捉えることで競争に打ち勝つことができます。 顧客との相互作用がどこで起こるかに関わらず、顧客の期待を見込んで、予測して、提供するのです。