Think 2019

ソリューション領域

店舗の役割再考

店舗のフィジタル化を進め、IoTやAIなどのデジタル技術を活用し店舗の顧客体験向上を実現します。

サプライチェーン改革

複雑かつグローバルに拡大させたサプライチェーンを可視化し波及効果を最小化することでビジネスプロセスの効率化を測ります。

顧客接点創出

モバイル、IoT、AIなどの活用により、サービスのさらなるパーソナライズ化を追求し顧客のその時々のニーズに答えます。

ソリューション

ウォルマートはブロックチェーンを活用し、食品安全管理のためトレーサビリティを徹底させました。

企業がどのように食品を農場から商品棚に陳列するかを追跡します。

IBM MetroPulseは、先進的分析プラットフォームによりエリアマーケティングを実現します。

小売・消費財メーカーは、オンデマンドのリアルタイムデータを活用し地域別にサービスを提供することができます。

次に革新的な変化をもたらすのは無線周波数識別チップ(RFID)です。

個別スキャンする必要があるバーコードとは異なり、RFIDは一度にすべて読み取ることができ、材料に関係なくあらゆる商品取り付け可能です。

IBMが考えるデジタル時代の次世代アーキテクチャー

デジタル時代には、1. チャネルの高度化、2. 個客志向サービス、3. 業務最適化、4. エコシステム連携の4つの変革領域があり、これらの変革を実現するためのアーキテクチャーが「デジタル時代の次世代アーキテクチャー」です。小売業・消費財産業のビジネスモデルの変革を考える上で、多様化する顧客価値を捉え、顧客体験の向上を、どのようにデジタルで「再構築」していくかがカギを握ります。

IBMのテクノロジー

顧客・消費者とのインタラクションの再考、店舗・業務のプロセス改善、製品開発からアフターセールスにおける顧客サービスまでのサプライチェーン最適化に、指数的に成長するテクノロジーを活用します。

クラウド

IBM Cloudを使用して、アプリ・店舗・ウェブサイトをスムーズに運用し、顧客関与と権限を保ちます。

AI

IBM Watsonのパワーを活用して、革新的な顧客体験を提供し、店舗とサプライチェーンに革新をもたらします。

データ

データとアナリティクスを利用して、顧客の声に耳を傾け、要望やニーズを特定することで製品やサービスを迅速かつ容易にに提供します。

ブロックチェーン

ブロックチェーンを活用し顧客や取引先との信頼関係を構築し、サプライチェーン全体のトレーサビリティと透明性を実現します。

トレンドとニュース

最前線からの改革推進

Digital Reinvention in retail

未来を今日実現する

消費財におけるデジタル・リインベンション

ジェネレーションZの心をつかむ

現代の若者層の消費者に対してブランドが知っておくべき3つのこと