製造業の競争力を左右する重要な業務である調達。調達バイヤーには、技術や部品の動向、サプライヤーや市況に関する動きを把握し、刻々と変化する環境下で必要とする部材を調達できるサプライヤーを短時間で見出し、最適な価格で取引することが求められている。大量なデータを多様な角度から検討し適切な判断を下すため、事務作業の軽減と業務の高度化を図る解決策として、AIを利用した調達バイヤー情報支援システムがある。

AIは、構造化データだけでなく非構造化データも理解できる。また、より良い結果を導き出すための仮説を生み出し、その評価を実行できる。さらに、ユーザーの選択や返答から学び、順応できる。こうした機能によって、市場やネット上に溢れる人が処理しきれないほど大量のデータからバイヤーが必要とするテキスト情報を読み解き、ダッシュボードにわかりやすく提供する、というのが調達バイヤー情報支援システムの概要だ。

【ユースケース】
「Watson Supplier IQ(以下、サプライヤーIQ)」は、バイヤーの意思決定を最高レベルで支援できるソリューションである。購買部門においても社内、社外のサプライヤーの情報をすべて収集し、分析してバイヤーにわかりやすく提供することができる。
この仕組みを使うことで最新のサプライヤーの情報が時間や場所を問わず瞬時に入手できるようになり、購買交渉という場面において、よりサプライヤーよりも優位に立つことができる。

お問い合わせ

IBMのスマートな業界別ソリューションを使用して、製造業サプライ・チェーンの現行システムを拡張し、改善します。