IBMではAIによりエンドツーエンドのサプライ・チェーンを可視化して、より信頼性の高い行動をより迅速に取り、中断を日単位ではなく数分で解決するシステム構築に挑戦している。

SCMの中断をAIで予測し作業優先順位を低減することで、リスクを軽減
配送遅延、品質欠陥、気象事象、政情不安、市場とサプライヤーの不安定度など、SCM上には、毎日頻発するような軽微な障害から、発生頻度は低いものの、業務上インパクトの大きな障害まで、さまざまなSCM中断リスクに直面している。激しいグローバル競争の中で、他社に先んじて卓越した顧客体験を提供できるようにするためには、一層精度の高いサプライ・チェーンの可視化とオペレーション・スピード向上が必要であろう。よりスマートなサプライ・チェーンにするためには、中断リスクの低減を念頭に置くことがまず必要になるのはこのためである。

グローバルなサプライチェーンのコスト、複雑さ、リスクを軽減するためのAIの活用

サプライチェーンが世界中に大きく広がる程ほど、人間が効果的に管理するのは複雑になります。 サプライチェーンにおける意思決定プロセスを強化するために、LenovoはAIを活用したSupply Chainの見える化に挑戦しました。これにより、運用コストを削減し、収益を増加させる隠れた機会を新たに見つけ出すことができます。

これらの先進技術により、最終的にLenovoはリアルタイムで顧客に対してより正確な納入見積もりを作成することができ、その提供に価値を付加することができます。

Lenovoのグローバル調達およびサプライチェーン担当エグゼクティブであるBobby Bernard氏のビデオをご覧ください。

お問い合わせ

IBMのスマートな業界別ソリューションを使用して、製造業サプライ・チェーンの現行システムを拡張し、改善します。