2018年6月12日

日本IBMは、生産現場における多種多様なIoT機器からデータを収集して管理し、さらにこれらのデータを分析して設備管理や予知保全といった業務に活用を可能にする、エッジとのデータ連携を行えるアナリティクス・クラウド・データ基盤として「CFC analysis platform」を発表し、本年7月4日から提供を開始します。また、株式会社安川電機と日本IBMは、エッジコンピューティング領域に搭載するソフトウェア「YASKAWA Cockpit」と「CFC analysis platform」を連携させるソリューション開発を行いました。

「CFC analysis platform」は、IoT基盤としての機能と分析アプリケーションとしてのコンテンツから構成されるデータ基盤です。「CFC analysis platform」は、多種多様なIoT機器のデータが集まったエッジコンピューティングと連携して、データ収集や変換などのデータ管理を行います。さらに設備管理や予知保全などのITシステムと連携し、分析モデルを作成したり、分析モデルの評価や分析モデルの更新を行います。また、これらの分析モデルをエッジコンピューティング上で稼働させることを可能としています。

「CFC analysis platform」は、OPC-UAやHTTPSなどの標準プロトコル・アダプターを提供するオープンな仕様のため、工場内で稼働する多種多様な設備・機器からさまざまなインプット・データを活用できる拡張性があります。また、分析コンテンツにおいても、数値データだけでなく、例えば設備の保全ログのようなテキスト・データ、キズや不良を見つけるための画像データなど、データ種類における拡張性も備えています。

株式会社安川電機と日本IBMは、エッジコンピューティング領域に搭載するソフトウェア「YASKAWA Cockpit」と「CFC analysis platform」の連携に関するソリューション開発を行いました。「CFC analysis platform」は、「YASKAWA Cockpit」から機器データ/設備属性データ/解析結果データを収集・蓄積し、「CFC analysis platform」上の分析モデルを「YASKAWA Cockpit」に配信し、「YASKAWA Cockpit」上でロボット減速機故障予知モデルの稼働させることが可能となります。これにより、生産現場が求めるスピード/精度での分析/解析機能を兼ね備えた高度の生産現場運用を実現できます。このソリューションは、PoCによる実証実験の段階を超え、すでに実際のお客様の生産現場においての実運用で利用されており、真の生産性向上の実現に向けて、新たな機能拡張に取り組んでいます。

日本IBMは、株式会社安川電機の最先端のロボット技術とモーションコントロール技術とのテクノロジー連携を促進させ、工場の自動化による抜本的生産性の向上を推進するとともに、金融、バイオテクノロジーの分野を皮切りに、さまざまなインダストリーにおけるプロセス変革にも挑戦していく計画です。

「CFC analysis platform」はIoT基盤であるWatson IoT Platformとの連携、およびさまざまなエッジコンピューティングとの連携が可能であり、今後、幅広い企業の客様を支援できるよう営業活動を展開します。