生産現場の作業品質と製品品質をデジタルで強化

日本の生産現場は今、さまざまな課題に直面しています。 多様化する顧客ニーズへの対応や人手不足、現場の技術の伝承、そして品質検査・安全管理プロセスの再考。 その解決策として、IBMは先進ITテクノロジーを駆使したCognitive Manufacturing戦略をお客様に提案します。 AIとIoTを駆使したCognitive Manufacturing戦略は生産現場の自動化と作業品質向上を促進しグローバル競争力向上に貢献します。

デジタルが強化する世界の生産現場最前線

特集 スマートファクトリーの作り方

スマートファクトリーの構築方法の具体例満載のVideo

IBM Cognitive Manufacturing Forum Report 1

トヨタ自動車 講演録
トヨタが取り組むMR(Mixed Reality)

IBM Cognitive Manufacturing Forum Report 2

【新着】
コニカミノルタ 講演録
IoT時代のモノづくり革新

デジタルデータ活用によるモノづくり強化

IBM Cognitive Manufacturing Forum Report 3

パナソニック  講演録

デジタル時代の製造業があるべき姿とは

IBM Industrial Forum Kyoto Report

安川電機
ロボット予知保全事例

日立造船
AIプラント運転支援事例

IBM プレスリリース (2018/6/12)

IBMと安川電機が協業し生産現場のインダストリー4.0化を推進

IBM プレスリリース (2018/5/31)

荏原製作所、IBMの自動化ソリューションで生産効率のさらなる向上と自動化を推進

IBM Cognitive Manufacturing ソリューション

デジタル時代のモノづくり革新

IBM Industrial Forum 京都が発信する企業変革事例

特集:匠の継承

AIをつかったモノづくり現場力維持・強化方法(ビデオ)

IBM Cognitive Manufacturing コアソリューション全体図

IBMコグニティブ・ファクトリー・コアソリューション全体図

IBM Cognitive Manufacturing ソリューションは大きく4つに分類されます。第一が既存の生産管理システムを、IoTによるリアルタイムデータ収集で、現実の生産プロセスをより効果的に支援する仕組み(上記青枠部分)。第二は、IoTによりM2Mで収集した膨大なリアルタイムデータで、システム上に、仮想の工場オペレーションを見える化し、製品品質や設備保全の予知を行う仕組み。第三はAIをつかって、文字だけでなく音声や画像を分析し生産現場の作業を支援する仕組み。そして第四が現実の生産現場の作業情報をIoTでリアルタイムにデータを収集するIT基盤です。

AIを使った生産現場のリアルタイム状況把握と作業を支援する仕組み

AI画像解析による品質検査

Watson Visual Recognition
IBM Visual Insights

IBM Watsonの画像学習により、複雑な判定ロジック・アルゴリズム開発を最小限に抑えた品質検査システムを構築することができます。

AIを使ったプラント運転支援

Cognitive Work Analysis
Watson Field Service Adviser

Watsonは、現場従業員の作業に関する具体的な質問に対し、詳細な回答やアドバイスを提供することができます。

仮想空間でデータを活用し生産現場を支援する仕組み(デジタルツイン)

IoTを使った予知保全ソリューション

日々変化をし続ける製造現場においては、機械の破損や故障、消耗品の劣化などが発生しています。 こうした設備の故障や停止を抑える手段として、IoTをつかった「予知保全」システムの導入が進んでいます。 IBMの予知保全ソリューションPMOは、センサーなどのIoTで収集したデータからロボットや設備機器の健康状態を把握し、最適なタイミングでメンテナンスを行うことができ、障害を未然に防止することを可能にします。企業はこれにより、限られた保全リソースをより効率的に活用し、設備の稼働率を高め、製品の歩留まりを改善するなど、経営効率を高めることができます。

 

IBM予知保全ソリューション

IBM PMO
(Prescriptive Maintenance and Optimization)

IBM Maximo APM IoTでリアルタイム収集した生産設備の 予知保全を実現する

IBM Maximo APMは生産を予防保守から予知保全に移行することにより、コストのかかる不必要な修理を減らし、プラントを24時間365日で最適な効率で稼動させることができます。

IHIにおけるIoTとMaximoを活用した設備保全事例VIDEO

株式会社IHI物流産業システム ビッグデータで支える物流事業の変革

現実空間と仮想空間を繋ぐリアルタイムデータ収集IT基盤

スマートファクトリーデータ基盤 IBM CFC analysis platform

スマートファクトリー構築において「生産現場」「エッジコンピューティング」「ITシステム」の3つのレイヤーをつなぎ、データ連携をリアルタイムに行う仕組みが必要です。このスマートファクトリーのデータ連携の要となるのがCFC analysis Platformです。

生産現場のIoT基盤 IBM Watson IoT platform

IBM Watson IoT Platform は、簡単かつセキュアにIoTでデバイス(センサー・ロボット・設備機械・IT)を接続するクラウド・ベースのIoT基盤です。リアルの世界からデーターを収集、IoTアプリケーションを素早く構築し、データを分析することを可能にします。

現実の生産プロセスを支援する仕組み

ブロックチェーンを活用した 新しい製造業のSCMソリューション

ブロックチェーンの実用化が製造業でもスタートしています。また膨大なSCM上のモノの動きをAIが把握、SCM上の課題を早期にレポートすることも可能になります。

 

生産ライン自動化のIT基盤  IBM GIVew - MES

製造業の先端機器の工場でMES (生産実行システム)を実現する中核システムが IBM GIVew – MESです。品質、歩留、装置故障予測等のデータ収集・分析基盤の構築、分析を実施、業種ごとに実績あるソリューションを用意し、完全自動化ライン、高可用性・拡張性等お客様の高度な要求に応える生産ライン自動化の基盤です。

Cognitive Manufacturing 戦略とは

IoT+コグニティブで変わる これからの日本のモノづくり

経営戦略としてのデジタル・ モノづくりを俯瞰せよ

ビッグデータでQCDを改善する5つのアプローチ

スマートファクトリーによる生産  現場改革事例

日本IBM
グローバルビジネスサービス事業本部
IoT & ビジネストランスフォーメーション担当
パートナー 寺門正人

ホワイトペーパー

インダストリー4.0で目指す新しい工場システム

先進テクノロジーを活用してQCDを向上する「インダストリー4.0」の考え方を取り入れたスマートファクトリーを構築するための方法をまとめた資料。生産現場のデジタル化入門資料として人気の資料です。

日本IBM
インダストリー・ソリューションズ事業開発
製造IoTソリューションズ
エグゼクティブ・コンサルタント 富田祐司

ホワイトペーパー

今からできるスマートファクトリーへのアプローチ

具体的な生産現場のカイゼン事例の分かりやすい解説を通して、スマートファクトリーの最初のスタート方法を、生産現場の視点でまとめた定番の資料です。