IBM Industrial Forum 京都 2019からの提言#1

リコーにおける社内環境の変化からインシデントや問合せの増加、そして、セキュリティーに対する国内外の動向に合わせた経営環境の変化と続き、セキュリティー問題はIT部門のみの担当領域ではなく、事業部門を跨いだ経営課題である。という話に来場者のお客様からの高い支持が集まった。

リコーにおける製品IoTセキュリティーへの対応

リコーは働く人々のさまざまなコミュニケーションとコラボレーションの場に応じて、多様な情報を統合し共有する機器・クラウドサービスを提供している。つまり、ネットワークに繋がる世界への価値を主軸に据えた。

そうしたネットワークへの依存度が高い状況下において自社製品へのセキュリティーへの取り組みを経営環境の変化やセキュリティーに対する国内外の動向に目を向けながら製品IoTセキュリティーへの対応として「攻撃者視点で侵入するテスト(ペネトレーションテスト)」を実施することを決めた背景を紹介する。

Industrial Forum 京都 Digital

京都フォーラムで発信された製造業における先進デジタルを活用した事例を紹介しています。

強い日本の生産現場力を、更に強化するCognitive Manufacturing戦略

AI+IoTを活用したスマートファクトリーで、QCDを劇的に向上させ匠の技術継承を実現する。

デジタル革命に勝利する「AI+IoT モノづくり戦略」

IBM Watsonで新しい顧客価値を創出し、AI & IoT時代の新しい製品開発プロセスを構築する。

インダストリー4.0時代の製造業デジタルSCM改革

SCM改革にブロックチェーンを活用してSCMのすべてを見える化する。