Watson IoTで実現する自動運転時代の新しいモビリティ・ライフをご紹介します。
自動車は電子制御システムが、自動車の作動制御を行っています。この電子制御システムがセンサーとIoTを通じて現在の自動車の稼動状況をクラウド側にリアルタイムに送信、逆にクラウドから安全走行を維持する情報をIoTを通じて受信し、自動車の各パーツに詳細な作動を指示します。
さらにAIをIoTにつなげば、AIが安全運転だけでなく、ドライバーにとって快適なモビリティライフを提供してくれます。
さぁ IBM Watson Assistant for Automotiveが演出するドライブをビデオで体感してください。

AI とIoTが実現する新しいモビリティ・ライフはいかがだったでしょうか。IBM Watson Assistant for Automotive がこのビデオでドライバーに提供しているサービスを、もう一度振りかえってみましょう。

  1. 個性にマッチしたモビリティライフを実現
    AI+IoTは、ドライバーや乗客ごとの個性を知り、その個人にあったサービスを提供していました。たとえば、ビザのお店「ミ・アモーレ」を紹介したサービスです。ドライバーのお気に入りを、AIが認知したからこそ顧客に合ったお店をIoTを通じて紹介することができたのです。
  2. 声でどの人が話しているのかを聞き分けた
    ビデオでAIはIoTを通じて、2人の女性の声を聞き分け、ドライバーと助手席の女性それぞれに会話をしていました。Watson Assistant for Automotive を使用すると、ドライバーと他の乗客を識別するパーソナル・アシスタントを自動車に組み込むことができます。
  3. 数多くの企業サービス情報を提供していた
    例えばタイヤの空気圧をリカバリーしてくれるカーディラーを提案し、そのカーディーラーに連絡をしてくれました。AIの情報判断をIoTを通じてカーディーラーのメールシステムにメールを送ったのです。

さらに――

Industrial Forum 京都 Digital

京都フォーラムで発信された製造業における先進デジタルを活用した事例を紹介しています。

強い日本の生産現場力を、更に強化するCognitive Manufacturing戦略

AI+IoTを活用したスマートファクトリーで、QCDを劇的に向上させ匠の技術継承を実現する。

デジタル革命に勝利する「AI+IoT モノづくり戦略」

IBM Watsonで新しい顧客価値を創出し、AI & IoT時代の新しい製品開発プロセスを構築する。

インダストリー4.0時代の製造業デジタルSCM改革

SCM改革にブロックチェーンを活用してSCMのすべてを見える化する。