インダストリー4.0で先手を打つ

リアルタイム・データは、業務をモニターし、潜在的な障害を予測して、製造業務を最適レベルで実行するのに役立ちます。リアルタイム・データを十分活用して、自社工場で実際に何が起きているのかを把握していますか。

1テラバイト

 
通常、工場では毎日1tbの生産データが生み出されます。

1%

 
リアルタイムで分析され、何らかの対応が取られている生産データは1%未満にすぎません。

インダストリー4.0を活用して実現できること

IBM Servicesは、数百の製造業のお客様をインダストリー 4.0を適切に実践できるようガイドしてきました。

機器のダウンタイムの短縮

JFEスチール株式会社
AI導入でお客様の保守・保全ノウハウを活かす事により、製造ラインのダウンタイムを大幅に短縮します。

AIの画像認識で生産性の向上を実現

製造の品質と効率をAI Visual Inspectionで向上させましょう。従業員に必要な教育を最低限に抑えた、簡単にオペレーションに導入できるようにデザインされています。

さらに詳しく知る

[ホワイト・ペーパー]
インダストリー4.0で目指す新しい工場システム

先進テクノロジーを活用してQCDを向上する「インダストリー4.0」の考え方を取り入れたスマートファクトリーを構築するための方法をまとめた資料。生産現場のデジタル化入門資料として人気の資料です。

(寺門 正人 日本アイ・ビー・エム株式会社 理事 パートナー グローバル・ビジネス・サービス事業本部 コグニティブ・プロセス変革 リーダー)

[Webセミナー]
5G+Edgeで強くなる製造現場 ~危機耐性力の強化~

これまで日本の製造現場は、高齢化・人手不足という課題に対応するための変革に取り組んできました。
新型コロナウイルスにより、この変革は現場の危機耐性を高めるという意味も加わり、重要度がさらに高まっています。IoT・AIの技術に加え5G+Edge技術を活用することで、危機に強い継続性のある現場を作ります。

(杉浦 由紀 日本アイ・ビー・エム株式会社 グローバル・ビジネス・サービス事業本部 理事 IoTストラテジー担当 パートナー)

[Webセミナー]
生産性向上とリスク対応力を併せ持つ業務変革の実現

Industry4.0、2025年の崖という背景から製造業のデジタル変革は急速に進んできましたが、リスク対応力の向上に資する施策は早期にアクションに移さなければなりません。サプライ・チェーン領域・製造領域において、生産性向上と併せて、レジリエンスを向上する施策を紹介します。

(鈴村 敏央 日本アイ・ビー・エム株式会社 グローバル・ビジネス・サービス事業本部 コグニティブ推進担当 パートナー)

CFC Analytics/IAMA/MROIO

CFC-Analytics Platform

IoT基盤としての機能と分析アプリケーションとしてのコンテンツから構成されるデータ基盤です。多種多様なIoT機器のデータが集まったエッジコンピューティングと連携して、データ収集や変換などのデータ管理を行います。

IAMA (IBM Intelligent Automotive Manufacturing Assistant)

高度な作業が必要とされる製造現場のエンジニアやオペレーターに、AIを活用してスキルの向上、作業効率向上を実現するための製品です。
個人の経験値のばらつきや世界のさまざまな製造ロケーションの特殊性にかかわらず、高いレベルで均一な製造現場の作業品質向上が可能となります。

MRO Inventory Optimization Services

MRO部品の在庫最適化により、生産性向上とコスト削減を実現しました。

IBMをフォローする

IBMをフォローする