インダストリー4.0を使用して先手を打つ

リアルタイム・データは、業務をモニターし、潜在的な障害を予測して、製造業務を最適レベルで実行するのに役立ちます。リアルタイム・データを十分活用して、自社工場で実際に何が起きているのかを把握していますか。

1テラバイト

 
通常、工場では毎日1tbの生産データが生み出されます。

1%

 
リアルタイムで分析され、何らかの対応が取られている生産データは1%未満にすぎません。

インダストリー4.0を活用して実現できること

“Schaeffler社とIBMの真のパートナーシップが私たちをデジタル時代に導いてくれます。”
- Klaus Rosenfeld氏、Schaeffler社、CEO

IBM Servicesは、数百の製造業のお客様をインダストリー 4.0を適切に実践できるようガイドしてきました。

機器のダウン時間の短縮

1時間のダウン時間による損失がUSD 100,000を超えてしまう場合があります。IBM Maximoは、 AIとIoTを利用して企業の資産を活用し、資産パフォーマンスを管理します。最適なアップタイムを達成する方法をご覧ください。

本番スループットの最大化

インダストリー4.0を実践する工場では、データの洞察を活用して潜在的な生産損失を特定します。IBM Production Optimizationは、AIとIoTを使用してスループット、コスト、品質をバランスよく最適化します。

インダストリー4.0の参考資料

製造企業向けの最新の資産管理

Watson IoT PlatformとMaximoを使用した処方的保全によって、資産の正常性に関する洞察を得ることができます。

モノのインターネットの保護

IoTのセキュリティー・リスクを軽減するための手法や保護テクノロジーを導入します。

OEEの最適化に挑戦

インダストリー4.0の時代にAIとIoTがどのように工場を稼働させるのかを体験してください。

関連ソリューション

ビジネスの変革

 
データから価値を引き出して運用上の混乱を予測し、製品を革新し、顧客体験を強化して、他社との競争方法を新たに考案しましょう。

よりスマートなサプライ・チェーンの構築

 
AI、IoT、ブロックチェーンがサプライ・チェーン・マネージメントをどのように革新しているのかを説明します。  

エンタープライズ・アプリケーションのモダナイズ

SAPに移行して、企業データやトランザクションが貴社のビジネス変革と足並みを揃えられるようにします。これにより、業界に特化した方法を使用して結果が出るまでの時間を短縮できます。

IBMをフォローする

IBMをフォローする