インダストリー4.0で先手を打つ

リアルタイム・データは、業務をモニターし、潜在的な障害を予測して、製造業務を最適レベルで実行するのに役立ちます。リアルタイム・データを十分活用して、自社工場で実際に何が起きているのかを把握していますか。

1テラバイト

 
通常、工場では毎日1tbの生産データが生み出されます。

1%

 
リアルタイムで分析され、何らかの対応が取られている生産データは1%未満にすぎません。

インダストリー4.0を活用して実現できること

IBM Servicesは、数百の製造業のお客様をインダストリー 4.0を適切に実践できるようガイドしてきました。

機器のダウンタイムの短縮

JFEスチール株式会社
AI導入でお客様の保守・保全ノウハウを活かす事により、製造ラインのダウンタイムを大幅に短縮します。

モバイル資産管理で生産性の向上を実現

運用の回復力には技術者の生産性が不可欠です。稼働時間と信頼性を維持するために、技術者は、遠隔地にいても、またオンラインかオフラインかにかかわらず、資産履歴と運用データにリアルタイムでアクセスできる必要があります。インテリジェントなモバイルEAMで技術者を支援することにより、現場管理、生産性、および初回修復率(FTFR)を改善できます。

さらに詳しく知る

[Webセミナー]
今から始める製造現場のDX〜小さく始めて効果を重ね育てるIndustry4.0〜

自社の製造領域だけでのデジタル化ではDX時代のモノづくりを勝ち抜くことは出来ません。製造実行システムにおいて、必要な機能ですぐに始められ、かつ将来的に拡張して大規模かつ複雑な工程でも活用が可能となるプラットフォームが必要となります。スマートファクトリー化をこれから段階的に行っていきたいとお考えのお客様や、AIやERP導入などいくつかの施策を実施したものの経営的な効果が十分に得られていないお客様に、他システムと連携しながら小さく始められるソリューションをもとに、ビジネスの更なる成長のカギとなる、サプライチェーン連携を考慮した生産計画との連動や、実績値に基づいた高度化を踏まえてご紹介します。

[Webセミナー]
5G+Edgeで強くなる製造現場 ~危機耐性力の強化~

これまで日本の製造現場は、高齢化・人手不足という課題に対応するための変革に取り組んできました。
新型コロナウイルスにより、この変革は現場の危機耐性を高めるという意味も加わり、重要度がさらに高まっています。IoT・AIの技術に加え5G+Edge技術を活用することで、危機に強い継続性のある現場を作ります。

(杉浦 由紀 日本アイ・ビー・エム株式会社 グローバル・ビジネス・サービス事業本部 理事 IoTストラテジー担当 パートナー)

[Webセミナー]
生産性向上とリスク対応力を併せ持つ業務変革の実現

Industry4.0、2025年の崖という背景から製造業のデジタル変革は急速に進んできましたが、リスク対応力の向上に資する施策は早期にアクションに移さなければなりません。サプライチェーン領域・製造領域において、生産性向上と併せて、レジリエンスを向上する施策を紹介します。

(鈴村 敏央 日本アイ・ビー・エム株式会社 グローバル・ビジネス・サービス事業本部 コグニティブ推進担当 パートナー)

関連ソリューション

スマートファクトリーソリューション:GI View MP

IBM Global Integrated View Manufacturing Platform(IBM GIView MP)は、小さく始められるソリューションです。スマートファクトリー化をこれから段階的に行っていきたいと お 考 え の お 客 様 や 、最初からフルスペックは不要とお考えのお客様 、AIやERPなどいくつかの施策を実施したものの経営的な効果が十分に得られていないお客様にとって、小さく 始めて各種システムやソリューションとの連携を図っていける新しいソリューションです。

CFC analysis platform

IoT基盤としての機能と分析アプリケーションとしてのコンテンツから構成されるデータ基盤です。多種多様なIoT機器のデータが集まったエッジコンピューティングと連携して、データ収集や変換などのデータ管理を行います。