概要

社会的弱者の福利は、社会福祉向けソフトウェア・テクノロジーの活用によって進歩しています。 各種の分析技術、AI、ハイブリッドクラウド・アーキテクチャーを利用することで、革新的な変化がもたらされています。これらの技術は、複数の政府機関にわたるケース管理の調整や、実用的なデータへのセキュアなアクセス、リアルタイムでの市民のエンゲージメントといった、不可欠なサービスの中核を担っています。

社会福祉におけるこのようなデジタル変革は、IBM Garage™によって加速されています。IBM Garage™は複雑な問題を解決するための画期的なヒューマン・モデルであり、問題の要素と成果に対する焦点を見直すためのお役に立ちます。

社会福祉向けソフトウェア・ソリューション

IBM® Watson Health(官公庁・自治体向け)

社会福祉のイノベーションを通じて、職員や福祉従事者の業務成果を向上させます。

パブリック・セクター向けIBM Garage™

新しいコラボレーション方法でイノベーションと変革を推進します。

Watson Assistant for Citizens

迅速かつ正確な情報を市民に提供します。

参考情報

社会福祉の未来

政府機関による社会福祉の提供をAIによって変革します。

メンタル・ヘルスとテクノロジー

テクノロジーとデータにより、メンタル・ヘルスのリソースへのアクセスを改善します。

地域社会向けサービス

健康リスクを特定するアプリを使用して、公衆衛生と経済活力のバランスを取ります。

市民を支援する社会福祉向けソフトウェア・ソリューションの詳細について、今すぐエキスパートにお問い合わせください。