オープン・ソーシング戦略フレームワーク

オープン・ソーシング戦略フレームワークは、6つのタスクから構成されています。

1. フロントサービス
2. デジタルサービス
3. ビジネスサービス
4. 金融サービス向けパブリッククラウド
5. 新しい働き方の実践と人材育成・コミュニティー
6. データ利活用サービス

このフレームワークは、デジタル変革戦略の迅速な立案と実行を支えるために、サービス提供のスピード向上、開発コストの削減、システム品質の向上を重視して構造改革を推進します。さらに、新しい働き方の実践や技術者の育成・確保といった課題解決も視野に入れ、ビジネスモデル変革に包括的に取り組むことができます。
オープン・ソーシング戦略を推進するためのソリューションは、オープンアーキテクチャー、オープンスタンダード、オープンソースを採用した「オープンプラットフォーム」として提供します。

金融サービス向けオープン・ソーシング戦略フレームワーク

デジタルサービス・プラットフォーム(DSP)

- 業界共通サービスを金融サービス向けクラウド上で、オープン、かつ安定的に提供

DSPは「オープン・ソーシング戦略フレームワーク」を推進するための第一弾で、大きく3つの要素から構成されています:

  1. 業務マイクロサービス:認証、諸届、口座照会、振替、資金移動といったサービスを実行するための共通サービス部品です。基幹系連携機能を利用することにより、基幹系システムを意識せずにプラグインの方法で新たな業務を迅速かつ柔軟に開発できるようになります。
  2. 基幹系連携機能:業務マイクロサービスは、汎用的な基幹系システムを想定し、規定のAPI仕様を利用してバックエンド・システムとやりとりをする仕組みになっています。そのため、金融機関ごとに異なる基幹系システムの連携方法、インターフェース仕様・粒度の違いを吸収する基幹系連携機能 が必要です 。基幹系連携機能の開発・稼働には、日本IBMのソリューション・アセットをご利用いただけます。
  3. DSP基盤:業務マイクロサービスの稼動環境として、DSP基盤を提供します。DSP基盤はIBM Cloudを活用し、セキュアな高可用性のクラウド基盤です。

金融プロフェッショナル ブログ

(THINK Business)

孫工 裕史

執行役員
金融サービス事業部担当

金融機関のDXを共創する、IBMの「オープン・ソーシング戦略フレームワーク」とは

早川 勝

IBM Distinguished Engineer

金融サービス向けデジタルサービス・プラットフォームとは?

金井 正彦

金融ビジネス・ソリューションズ コアシステム 部長

金融機関バックエンドシステムにおいて、レガシー変革を成功させるための道標

酒井 大輔

金融サービス事業部
デジタル・リインベンションコンサルティング部長

デジタル時代に銀行が解くべき3つの問いとアクション

 

 

正木 達也

金融ビジネスソリューション事業部

ドバイザリー・アーキテクト

DX成功の鍵を握るフロントサービスの変革に向けて、IBMが提供する「共創の場」

中塚 房男

金融サービス事業部

金融ソリューション・ストラテジー・シニア・マネージング・コンサルタント

金融DXの鍵となるアジャイル開発。導入で生じる「3つの壁」を乗り越えるアプローチ

金融イノベーションラボメンバー

IBM金融イノベーションラボが共創する、銀行に求められるDXケイパビリティとは

笠野 智代実

金融サービス事業部
デジタル・リインベンションコンサルティング
シニア・マネージング・コンサルタント

デジタル時代の銀行とは?—— DXを支える組織・人材のあり方

金融DX関連 トピックス

百十四銀行においてデジタルサービス・プラットフォームを活用したサービスを開始

「りそなグループアプリ提携基盤」の構築を支援

日本IBMの金融サービス向けデジタルサービス ・プラットフォームの採用

デジタル戦略の強化に向けて、中国銀行と戦略的取り組みを開始







 

金融サービス向け「オープン・ソーシング戦略フレームワーク」を発表

金融サービス向け「オープン・ソーシング戦略フレームワーク」に「データ利活用サービス」を追加し、デジタル変革の推進を拡充,お客様の課題解決を支援する多くの活用事例を創出



 

Chance地銀共同化プロジェクト、デジタルサービス・プラットフォームのサービスを開始

北陸銀行ポータルアプリのリニューアルを支援

顧客体験の向上を目指し、ユーザーインターフェースデザインを刷新

オリコのデジタル・トランスフォーメーションの推進に向けて日本IBMと共創

金融サービス向け「オープン・ソーシング戦略フレームワーク」に 「データ利活用サービス」を追加し、デジタル変革の推進を拡充

千葉銀行の法人向けデジタルサービス「ちばぎんビジネスポータル」の開発を支援

お客様との共創のはじまり「IBM Garage」

お客様が実現されたいご要望に応じて、ビジネス、デザイン、テクノロジーそれぞれの分野における多様なIBMエキスパートが、お客様チームと連携します。IBM Garageのフレームワークに基づき、ビジネス価値創出までの時間を短縮し、最新テクノロジーを使った画期的なプランを共に創り上げて実行していきます。
IBM Garageは、デザイン思考、アジャイル、DevOpsなど、IBM独自のエンドツーエンドのフレームワークにより、様々なソリューションをシームレスに発案、構築し、測定や反復を繰り返しながら、お客様のビジネス価値を拡げます。

IBMをフォローする

IBMをフォローする