スピードと俊敏性でコア・アプリケーションを強化

ファイナンシング・ソリューションの活用により、プロジェクトの支払いを長期間に分散し、IBMサービスのデジタル変革およびクラウド・サービス・プロジェクトで期待される利益とプロジェクト・コスト支出を調整できます。

予算の障害を解消する支払いプラン

56%の企業が、クラウド・コストの管理と最適化の理由により、クラウドへのコア・アプリケーションの配置をためらうと報告されています。¹

31%のCIOが、企業変革のために高度な緊急性を経験しています。²

48%のCIOが、今後2年間でハイブリッドクラウドへの投資が大幅に増加すると予想しています。³

財務目標の達成を支援

IBMサービス・ソリューションの支払いプランの潜在的なメリットをご検討ください。プロジェクトをすぐに開始して、ROIを向上させる方法を説明します。

プロジェクトを加速

柔軟な支払プランと後払いサービスを活用することにより、プロジェクトをすぐに開始できます。

ビジネス成果を向上

プロジェクトの実装にあわせ、貴社のプロジェクトのキャッシュ・アウトを調整し、ROIを向上させる機会を創出します。

俊敏性と柔軟性を向上

初期費用を最小限に抑制し、他の戦略的投資に資金を投入できるように、キャッシュを温存します。

迅速かつ簡単に変更を実施

City Furniture社のCFO兼CIOの見解をご覧ください。小売業者がモバイル・テクノロジーによって変革を進めている業界で同社が競争力を維持するために、IBMグローバル・ファイナンシングの柔軟性がどのように役立ったのかが説明されています。

参考情報

IBM がどのように貴社のビジョンに資金を提供できるか、ご相談ください。

事例

IBMをフォローする

IBMをフォローする

脚注

¹ 次世代ハイブリッドクラウドが次世代ビジネスを強化。IBM Institute for Business Value。2019年8月。リンク (PDF, 183 KB)

² 最高情報責任者の視点。IBM Institute for Business Value。2018年3月。リンク (PDF, 197 KB)

³C-suite(CEO、CIO、CFOなど)の経営幹部らが、クラウド・コンピューティングの強化を準備。IBM Institute for Business Value。2019年。

特記事項

IBM グローバル・ファイナンシングのオファリングは、IBM子会社および部門を通して (全世界)、有資格の企業および官公庁のお客様に提供されます。IBMグローバル・ファイナンシングのリースおよびファイナンシング・オファリングは、IBM Credit LLC(米国の場合)を通して提供されます。料金、および各種オファリング等の適用可能性は、お客様の信用格付け、ファイナンシング条件、オファリングの種類、機器および製品の種類、および各種オプションに基づいて定められ、国によって異なる場合があります。このオファリングは、信用が提供されることを保証するものではありません。IBMのエンド・ユーザー・クライアント・ソリューション全体の一部であるIBM以外のコンテンツも、IBMグローバル・ファイナンシングによるファイナンシングに適格である場合があります。ハードウェア以外の品目については、ファイナンシングによる資金提供となります。その他の制限がある場合もあります。レートおよびオファリングは、予告なしに変更、拡張、または撤回される場合があり、また、国により異なる場合があります。IBMおよびIBMグローバル・ファイナンシングは、お客様に対して会計、税務、法律に関する提案、またはアドバイスを提供することはなく、またそのような意図もありません。お客様は、お客様ご自身の会計、税務、または法律のアドバイザーにご相談いただけますようお願いします。お客様またはお客様に代わり行われた税務または会計処理に関する決定は、お客様の責任となります。カリフォルニアのIBM Credit LLCの場合: ローンはカリフォルニア・ファイナンシング法のライセンスに従って作成または調整されます。