今、世界経済は大きな変化の局面にあります。企業はこうした変化に対して、的確にかつ迅速に対応し、強固な事業継続を可能なものへとする変革アクションが急務です。電力、ガス、石油・化学などのプロセス産業では、事業継続性を確保しながら、変化する状況に迅速に適応しながら、コストを削減し、安定した収益と、人の安全を守るという事業運営実現が常に求められます。このデジタル・イベントでは、これらの業界において、AIとIoTデータを活用した現場の自動化を一層進めることにより、コスト削減と、現場の稼働における人的依存度の低下実現を通じ一層強固な事業構築を実現する経営戦略と先進ソリューションをご紹介します。

Smart Manufacturing Forum プロセス産業のデジタル変革 ~電力・ガス・石油・化学業界~

イベント概要


開催日時:

2020年8月21日(金曜日)14:00-15:40

開催形式:

Web上からのライブ配信(事前登録制)

主催:

日本アイ・ビー・エム株式会社

受講料:

無料


アジェンダ


14:00-14:30

電力・ガス・石油・化学業界のデジタル変革を実現するデータを活用した設備保全の最新形

日本アイ・ビー・エム株式会社
グローバル・ビジネス・サービス事業本部
公益サービス 設備保全最適化ソリューション部
部長 宇治原 里志

工場やプラントの設備保全業務に従事されている方にとって、設備保全業務の高度化や最適化は終わりなきチャレンジです。本日は、AI技術やIoTデータを活用し、高度化・最適化を実現する手法について、いくつかの事例も交えながら最新情報をご紹介します。

14:30-14:40

休憩

14:40-15:10

デジタル変革時代の設備健全性管理ソリューションのご紹介

日本アイ・ビー・エム株式会社
グローバル・ビジネス・サービス事業本部
IoT&ビジネストランスフォーメーション
シニア テクニカル スペシャリスト 清野 聡

デジタル変革の必要性が叫ばれるなか、設備保全管理の分野でも設備健全性や故障予知などデータ分析を基盤とするソリューションと保全管理システムを組み合わせた保全管理の高度化が推進されています。本セッションではIBM Maximo Asset Performance Managementのソリューションを中心に、設備状況の可視化や予測など設備データを活用した新しい保全管理の仕組みや、保全現場の作業員の新しい働き方を支援するソリューションをご紹介します。

15:10-15:40

デジタル時代におけるデータを活用したフィールドサービス(設備保全)改革

日本アイ・ビー・エム株式会社
グローバル・ビジネス・サービス事業本部
エンタープライズ・ストラテジー& iX 事業
DX推進事業部 事業部長 鳥井 卓

不確実性の高まる環境においても、社会インフラやプラント、工場などの設備保全は止めることができません。熟練担当者の退職に対応する知の継承や生産性の向上も課題です。
本セッションでは、設備保全のフロント業務の効率化、データを活用した高度化、ペーパーレス化について、さまざまな業種・業務における実践例をまじえ、モバイルとアナリティクスをはじめとするデジタル化がもたらす大きなビジネス価値についてご紹介します。


Smart Manufacturing Forum 関連Eventのご紹介

生産性向上とリスク対応力を併せ持つ業務変革の実現

5月18日(月曜日)よりオンデマンドにて聴講開始