デジタル社会の急速な発展により、あらゆるビジネスが大きな変化の波にさらされています。 クラウドやAIなどの新しいテクノロジーの出現とデジタル・デバイスの普及により、複雑かつ高度なデジタル体験の要望が高まっており、こうした社会的な背景からITシステムに求められる課題を、個々の企業が旧来の手法で対処していくには莫大なワークロードと時間が必要となっています。

そのようなデジタル社会において、働き方改革への取り組みや、今後のIT人財問題などを考慮した場合、これからの企業ITのあるべき姿をどのように描き、IT運用管理の現場対応力をどのように維持・強化していくべきか、ITリーダーの皆様には新たな戦略と施策が求められているものと推察いたします。

この度、弊社ではデジタル変革を推進するITリーダーの皆様を対象にした交流フォーラムとして「IBM IT Leaders Exchange 2019」を開催する運びとなりました。

当フォーラムでは、デジタル変革 第2章、さらに その先の企業のあるべき姿を見据えたITロードマップ策定のため、デジタル変革事例のご紹介および最適なデータ/AIの活用や、オープン・テクノロジーを活用したソリューションを参考にしていただきながら、具現化へ向けた道筋をともに描いて参りたく存じます。

また、同じ課題をお持ちのご参加者様によるグループ意見交換やネットワーキング・レセプションを通じて、業種業界を超えたITリーダーの皆様のコミュニティーの場としてもご活用いただきたく、ぜひともご参加願います。


【開催概要】

 

日時:

2019年11月6日(水曜日)14時~19時30分(懇親会を含む)受付開始13時30分

会場:

コンラッド東京(東京都港区東新橋1-9-1)

対象:

CIO / IT部門のマネージャーのみなさま(部長職以上)

※当セミナーは弊社からご案内したお客様限定となっており、法人の部長職以上の方を対象としております。個人のお客様からのお申し込みは受け付けておりません。

※同業他社の方からのお申し込みは、お断りさせていただきます。

※アジェンダ・講演者は事前の予告なく変更させていただく場合がございます。

※定員となりました場合はお断りのご連絡をさせていただく場合がございます。ご了承ください。

参加費:

無料/事前登録制

主催:

日本アイ・ビー・エム株式会社

お申し込み:

セミナーのお申し込みは終了致しました。


【アジェンダ】

14:00〜18:00 ビジネス・セッション

オープニング

日本アイ・ビー・エム 

専務執行役員 グローバル・ビジネス・サービス事業本部長 

加藤 洋

お客様事例講演

データ・AIを活用した新たな損害サービス

~エコシステム開発を支えるAPI連携の必要性~

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

理事 IT統括部長 

沼田 俊彦 氏

 

お客様事例講演

IBM Watsonを活用し、故障復旧時間を大幅に短縮

-ハイブリッドクラウド環境で安全かつ柔軟に最新技術を活用-

JFEスチール株式会社  IT改革推進部 副部長

桑原 智 氏

 

JFEスチールは、日本IBM支援のもと、『IBM Watson』を活用した制御故障復旧支援システム(『J-mAIster®』)をハイブリッドクラウド環境上に構築し、2018年9月に各製鉄所の全ての製造ラインに導入した。これにより、全製造ラインで発生したトラブルに対して、保全担当者が過去の事例や復旧に必要な情報を効率的に検索できるようになった。このたび、復旧時間を大幅に短縮するなどの効果が確認されたことから、社内の他のシステムとの連携など、本格的に運用を開始した。

IBM講演

DXを実現するクラウド戦略とオープンテクノロジーの活用

「DXを実現するための ITロードマップについて」

日本アイ・ビー・エム株式会社 グローバル・ビジネス・サービス事業本部

CTO 兼 IBM Services クラウドセンター担当 

二上 哲也

レッドハット株式会社講演

「DX時代の乗り切り方」

レッドハット株式会社 

常務執行役員 サービス事業統括本部長

水橋 久人 氏

課題別グループ意見交換

デジタル変革を推進する上でのIT課題

お申し込み時にお伺いします以下の10のテーマ別にグループ意見交換を予定しております。

  1. 創出価値を最大化する戦略的 AI の導入方法
  2. データを資産として活用するための基盤
  3. デジタル人財の獲得と育成
  4. デジタル変革実現のためのIT戦略の策定
  5. デジタル変革を促進するITインフラの選択と移行
  6. コスト最適化とイノベーションのためのクラウド環境の構築
  7. インフラの運用管理の効率化・コスト最適化
  8. 戦略的なIT保守見直しによるコスト削減
  9. サイバーリスクに対するIT-BCPの強化
  10.  クラウド・IoT時代のネットワーク最適化

各グループごとにIBM担当者が進行役を務めさせていただきます。

【ご参考資料】IT課題別グループ意見交換テーマ (PDF, 193KB)

IBM講演

IBM テクノロジー・ビジョン

日本アイ・ビー・エム株式会社

研究開発 テクニカル・ストラテジー担当 

IBM Distinguished Engineer (技術理事)   

佐貫 俊幸

クロージング・スピーチ

日本アイ・ビー・エム株式会社

専務執行役員 グローバル・テクノロジー・サービス事業本部長

ケリー・パーセル

18:00〜19:30 ネットワーキング・レセプション (懇親会) 

*上記内容は事前の予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。