WatsonとMediaMathを使用して、広告とマーケティング・テクノロジーを統合

AI採用のメディア・ビッダーを使用して最も関連性の高いメッセージを顧客に伝達すると同時に、メディア支出を効率的に管理します。優れたDSP(広告主側プラットフォーム)とDMP(データ管理プラットフォーム)をマーケティング・エコシステム全体に円滑に統合することで、効果を最適化します。

広告とマーケティング・テクノロジーを統合

主要な機能

統合デジタル広告プラットフォーム

DMPとDSP 
堅固な広告主側プラットフォームとデータ管理プラットフォームです。

AI最適化テクノロジー

AI採用のビッド
Watsonのインテリジェンスをマーケティング・プログラムとメディア・プログラム全体で使用して、効率を改善します。

効果的な1対1の体験

広告とマーケティング・テクノロジーの統合
1つのプラットフォームで、デジタル広告と購入後メッセージを管理します。

データ一元化戦略

パフォーマンスの最適化
購入したメディア・データと所有するメディア・データを一元化して、リアルタイムで計測と調整を行い、コンバージョンを向上します。

アナリストたちはデジタル広告およびデジタル・マーケティングにおけるIBMを評価

Gartner社はIBMをマルチチャネル・マーケティング・ハブのリーダーとして評価

Gartner社のマジック・クアドラント:マルチチャネル・マーケティング・ハブ、2018年第2四半期

IBMデジタル広告製品の詳細

IBM Universal Behavior Exchange

このクラウド・ベースの顧客データ管理サービスを利用して、マーケティングのエコシステム全体をつなぎ、リアルタイムでより正確に顧客の行動を捉えます。

IBM Media Optimizer

すべてのチャネルで、最も重要な対象者との1対1の会話を実現します。

AI採用のデジタル広告がマーケティング業界を変革

個々の顧客に固有の購入ジャーニーを作成

AIはどのようにして顧客体験を変革するのか

チケットマスター社、ソニー・ミュージック社、MediaMath社、IBMのメンバーが、最も効果的な個別化された顧客体験を作成するための購入前と購入後のカスタマー・ジャーニーの統合方法を、AIがどのように実現するのかについて語っています。