効果

ファイナンス・トランスフォーメーションの効果

企業が成功を収めるには、CFOが変わらなければなりません。近年、企業を取り巻く経営環境の変化に伴い、ファイナンス・トランスフォーメーションの必要性が叫ばれています。この新たな取り組みで、ファイナンス組織の役割を保守的なトランザクション処理から、価値創出の実現や戦略的エンゲージメントの構築を担う業務へと変革する必要があります。ファイナンス・トランスフォーメーションにより、ファイナンスの専門知識がビジネスのあらゆる分野に浸透することで、広範なビジネスの戦略的意思決定とリソースの効率的割り振りが、これまで以上に促進されます。

劇的な結果

効果的なビジネス戦略の推進

ファイナンス・トランスフォーメーションを採用する企業は、戦略の策定と実行において3倍から4倍の効果をあげています。具体的な成果としては、戦略的フォーカスを達成してファイナンス機能を企業のミッションに合わせて役割変革した企業では、5年間で49%の収益増加と20倍のEBITDAの増加が見られました。

8%

のコスト削減(収益に対する割合)

49%

の収益増加

70%

のプロセス・サイクル・タイムの改善

2,700万米ドル

の節約を、IBM Financeのメタデータ・プロセスの自動化により実現

ファイナンス・トランスフォーメーションの5つのポイント

サステナブル・ファイナンス

新しい可能性、価値の最大化

変革を遂げたファイナンス組織には、収益増加がもたらされるだけでなく、新たな可能性が開かれます。レポート作成や価値評価におけるファイナンスの専門知識は、ファイナンスと関連の無い新たなデータや要件(サステナビリティーやESGレポートなど)にも適用できます。変革を遂げたファイナンス組織は、不透明さを増す経営環境においても、企業価値の最大化を達成するためのバリュー・ドライバーと道筋を見出すことができます。

次のステップ

CFOを企業戦略の鍵となるスチュワードに進化させる方法については、こちらのレポートをご覧ください。