Total Economic Impact(経済効果)に関するフォレスター社の最新レポートでは、既存アプリの運用とモダナイズを加速しながら、ITコスト削減とビジネス変革をどのように両立できるか紹介しています。

概要

ユースケース

アプリケーションのモダナイズ

水処理施設の頭上からのショット

アプリケーションのモダナイズ

IBM Cloud Transformation Advisor および IBM Mono2Micro を使用すると、アプリケーションのクラウドへの対応状況を評価し、コンテナ化とマイクロサービスの選択肢を検討し、コードの調整作業への支援を得ることができます。

お客様のITをクラウド対応に

研究所のクリーン・ルームで働く科学者

お客様のITをクラウド対応に

Transformation Advisorを活用して、アプリケーションの複雑さを判別する事で、モダナイゼーションに関する推奨事項が提供されます。この推奨事項には、移行に最適なターゲット環境と推定開発コストが併せて示されます。

ライセンスの最適化

多層構造の橋を走行するトラック

ライセンスの最適化

IBM WebSphere Libertyのライセンスへ移行して、サーバーの容量を増やし、コストを削減して、ビジネス・ニーズに応じた利用状況に基づき、ライセンスを調整します。

メリット

主要な機能

次に、WebSphere統合型ソリューションの具体的な詳細とメリットをご覧ください。

お客様事例

新しいJavaアプリケーションの実行/モダナイズ/作成にIBM WebSphere Hybrid Editionがどのように貢献しているかご紹介します

Hera社

Hera社は、モノリシック・アプリケーションを柔軟なマイクロサービス・アーキテクチャーに変換するために、WebSphere Libertyを利用しました。

FlowFactor社

FlowFactor社は、WebSphere Hybrid Editionを利用して、ある輸送業者のアプリケーションのモダナイズを支援し、デプロイメントに要する時間を99%短縮しました。

GBM社

GBM社は、その顧客が自社のアプリケーションを柔軟なマイクロサービス・アーキテクチャーにモダナイズするための環境を提供するために、WebSphere Libertyを利用しました。

お気軽にお問い合わせください

お客様のこれまでの投資を保護・活用し、OpenShift をベースとした新しいクラウド ネイティブ環境への段階的なモダナイゼーションを支援します。