Watson Tone Analyzerとは

IBM Watson™ Tone Analyzerサービスは、言語分析機能を使用して、テキストから感情と文体のトーンを検出します。

Watson Tone Analyzerの機能

ソーシャル・リスニングの実施

人々がオンラインで書くもの(ツイートやレビューなど)における感情とトーンを分析します。幸せか、悲しいか、自信があるのかなどを予測します。

顧客サービスの強化

顧客サービスおよびサポートの会話を監視することで、広い範囲で顧客に適切に対応できます。顧客が満足しているのか、あるいは不満を抱いているのか、また、エージェントが適切なマナーで配慮のある対応をしているかを確認します。

チャットボットとの統合

チャットボットによって顧客のトーンを検出できるため、適切に会話対応ができるようダイアログ戦略を策定できます。

Tone Analyzer デモを試す

Tone Analyzerは入力されたテキストを感情、性格的傾向、文体の各カテゴリーに分解して、より多くの洞察を得る手助けをします。コンテンツの全体的なトーンの分析と、センテンスごとの分析が可能です。

1) デモサイト (英語,IBM外のWebサイトへ) を開き、コンテンツの種類を選択します。(右画像の赤枠参照)

Tone Analyzerデモを試す手順説明画像-Step 1

 

2)画面中央のテキスト入力欄で、サンプル・テキストをそのまま使用するか、任意のテキストを入力してください。

入力欄の下にある「Analyze」ボタンで分析を開始します。

Tone Analyzerデモを試す手順説明画像-Step 2

 

3)画面下部に、Outputセクションが表示され分析結果を参照できます。

Document-level 欄では文章全体の分析結果を参照できます。マウスオーバー(タップ長押し)で、各Toneの詳細な値が参照できます。

Sentence-level 欄では文単位での分析結果を参照できます。各Toneを選択して、どの文が結果に影響したか参照できます。

Tone Analyzerデモを試す手順説明画像-Step 3

Tone Analyzer資料

API ドキュメント

概要、ご利用ガイド、ユースケース、リリースノート、FQAなど

APIリファレンス(英語)

APIの詳細とCurl,Node,Java,Python用のサンプルコード

お客様による使用法

サーバーレス・バックエンドを備えたモバイル・アプリケーション

このチュートリアルでは、モバイル・アプリケーションのためのサーバーレス・バックエンドを構築するために、IBM Cloud Functionsやコグニティブ・サービス、データ・サービスを使用する方法について説明します。

チュートリアルに進む (英語)

サーバーレス・バックエンドを持つモバイル・アプリケーションを示す図

IBM Watson

そのビジネス課題に、AIを活用してみませんか?

→ パートナーの方のお問い合わせはこちら

Watson Tone Analyzerの利用を今すぐ始める

Watson Tone Analyzerの利用を開始できます。