音声チャネルと会話チャネルのための仮想アシスタントをお探しですか?

AIが、どのチャネルでも1回目の問い合わせで顧客の問題を解決します。

概要

ユースケース

カスタマー・セルフサービス

音声、文書、およびWatsonに接続された人物の抽象イメージ

カスタマー・セルフサービス

Watsonを活用したバーチャル・アシスタントを電話で使用して、コール・センターに寄せられる一般的な質問に応答します。

通話解析

顧客サービス・データを分析する人物の抽象イメージ

通話解析

会話ログを検索することにより、コール・センターのパフォーマンスを向上させ、新しい通話パターン、顧客の苦情、感情、不従順な振る舞いなどを正確に特定します。

担当者の支援

顧客、検索データ、Watsonに接続された顧客サービス・エージェントの抽象イメージ

担当者の支援

通話中にAIを活用した文書検索とイントラネット検索を使用してリアルタイムの支援を行い、エージェントの生産性と成功確率を高めます。エージェントが顧客と話している際に、Watsonは会話を聴いて音声を転記し、文書内の関連コンテンツを検索して回答を数秒以内にエージェントにフィードバックします。

メリット

スポットライト

Watson Speech to Textの優位性

関連製品

Watson Text to Speech

書かれたテキストを使用して、ユーザーの母国語でユーザーと対話して顧客エンゲージメントを改善します。

Watson Assistant

すべてのアプリケーション、デバイス、チャネルで、AI仮想アシスタントを使用して、1回目の問い合わせで顧客の問題を解決します。

Watson Discovery

AIを搭載した検索を使用して、文書とWebサイトから具体的な回答とトレンドを見つけます。

Watson Speech to Textの利用を今すぐ始める