Watson OpenScaleとは

IBM Watson OpenScaleは、AIモデルから得た結論を追跡して評価します。また、AIモデルがどこで構築されたか、どこで実行されているかに関係なく、公平性、説明性、コンプライアス準拠を維持できるように支援します。またWatson OpenScaleでは、AIモデルが本番環境にある場合に、精度におけるドリフトを検出し、その修正をサポートします。

Watson OpenScaleによるAIモデルのバイアス緩和

Watson OpenScaleによるAIの結果の説明

AIモデルのドリフトの概要とその危険性について

451 ResearchがWatson OpenScaleのイノベーションを評価

AIの運用化

Webセミナー:より迅速にAIの価値を高める

IBMの専門家たちが、企業におけるAIの価値を迅速に高めるための5つのベスト・プラクティスについて検討します。その1つは、Watson OpenScaleによってAIの信頼性と透明性を実現することです。

AIモデルを正確なまま保持する方法

モデルのドリフトの監視とドリフトの原因の特定に何が伴うのかをご覧ください。

AIに自信を持つ

Watson OpenScaleがAIのブラック・ボックス問題を解決する方法をご覧ください。お客様が、結論の公平性、説明性、コンプライアンス準拠を実現するために役立ちます。

対話式ツアーを行う

自分のペースで参照できるハンズオン・デモでWatson OpenScaleについて詳しくご覧ください。

製品イメージ

ドリフト・モデルのスクリーン・ショット

ドリフトの検出

Watson OpenScaleは、モデルの精度におけるドリフトを追跡し、精度がしきい値を下回った場合にアラートを送信します。

トランザクションの結論のスクリーン・ショット

AIモデルのバイアス緩和

承認された女性の数が男性と比較して大幅に少なかったため、OpenScaleはバイアス・アラートを生成しました。OpenScaleはまた、評価と展開が可能な、修正済みでバイアスを緩和したモデルを自動的に生成します。

結論の信頼度を示すスクリーン・ショット

AIの結論の説明

OpenScaleは各モデルの予測の背後にある理由を以下のように説明します。年齢と当座預金口座がないことから、この候補には危険性がありました。

関連ソリューション

Watson Studio

モデルの構築とトレーニング、データの準備と分析をオールインワンの統合環境ですべて行うことができます。

Watson Machine Learning

機械学習モデルを実稼働に大規模に展開し、モデルのパフォーマンスを管理します。

IBM Cloud Pak for Data

オンプレミスであるいはクラウドから、お客様のすべてのデータを統合すると同時に、データをそのソースで安全に保つ、柔軟なマルチクラウド・データ・プラットフォームです。データを収集、編成、分析、管理する方法を簡素化および自動化して、AIによるビジネスの迅速なイノベーションを実現します。

データとAIの活用にお困りですか?