Watson Natural Language Understandingが優れている理由

カテゴリー

5段階の分類階層を使用してコンテンツをカテゴリー化します。

概念

本文内で必ずしも直接言及されているわけではない大まかな概念を特定します。

感情

特定のターゲット・フレーズや文書全体から伝えられる感情を分析します。

エンティティー

コンテンツで言及されているユーザー、場所、イベント、およびその他のタイプのエンティティーを検索します。

キーワード

コンテンツを検索して、関連するキーワードを調べます。

メタデータ

HTMLおよびURLの情報の場合は、Webページの作成者、ページ・タイトル、および公開日を取得します。

関係

2つのエンティティーの関連を認識し、関係のタイプを識別します。

セマンティック役割

主語、アクション、目的語の形式に文を構文解析し、アクションの主語または目的語であるエンティティーおよびキーワードを識別します。

センチメント

特定のターゲット・フレーズに対するセンチメントおよび文書全体のセンチメントを分析します。

カスタム・モデル

Watson Knowledge Studioを使用して、自分のドメインに固有のカスタム・エンティティーおよび関係を特定します。

Watson Natural Language Understandingを始める

Watson Natural Language Understandingをすぐに始める

データとAIの活用にお困りですか?