概要

ナレッジ・ワーカーの労働時間を節約

50%

ナレッジ・ワーカーの労働時間の20%は、テキストの分析と検索のタスクに費やされています。この時間を短縮します。¹

迅速なROIを実現

383%

IBM Watson Discovery ITの投資に対して、13カ月間で見込まれる利益率です。¹

収益と利益を創出

USD 6.1M

IBM Watson Discoveryでの業務効率の改善により、3年間で見込まれる利益です。¹

お客様の本来のROIとは

IBM Watson®のNLPソリューションは、業務の生産性向上とコスト削減のお役に立ちます。

ユースケース

カスタマー・リレーションシップ・マネージメント

ノートPCでチャットする人物

カスタマー・リレーションシップ・マネージメント

多数の資料を一度に分析できるAIテクノロジーを活用すれば、ポジションとトランザクションに関する様々な洞察を得られますので、金融機関は手作業によるリサーチが迅速化され、専門知識に基づくリスク管理と財務アドバイスを顧客に提示しやすくなります。 従業員はパターン認識と予測分析を使用して金融トレンドを把握することで、より優れた顧客体験と顧客の収益増加の実現に役立てることができます。

投資調査

文書レビューの図

プロセスの自動化

金融サービス企業はAIテクノロジーを利用して市場調査を効率化し、各種の情報ソースから関連情報を抽出し、その過程で組織やセンチメントの変化をフラグ付けすることができます。調査プロセスの自動化により、金融サービスの従業員はより詳細なレポートと企業評価をまとめることができますので、バイアスの低減とデータ管理コストの削減に役立ちます。

取引サポート

円グラフの図

最大効率での運用

AIテクノロジーを利用すれば、取引後処理を行う従業員はより多くの時間を情報の正確性の見直しに費やせますので、より短時間でビッグデータの中から適切なトランザクションの詳細を見つけられます。 エージェントはほぼリアルタイムで売り注文と買い注文の詳細にアクセスできるため、問題解決の迅速化と決済期間の短縮化が実現されます。

お客様事例

EquBot社

よりスマートな洞察への迅速なアクセス

EquBot社は、「世界初のAI Powered Equity ETF」と言われるAIEQを開発したフィンテック企業です。AIEQは、投資家が幅広く詳細なデータ・セットから得られたよりスマートな洞察に迅速にアクセスできるように設計されています。 このソリューションは数多くの業界レポートとFDA.govに掲載されている3,000件を超える治験を分析して、新型コロナウイルス感染症発生の初期段階でヘルスケア分野での投資機会を特定しました。

HCBC社とEquBot社

新たな投資機会の発見

HSBC社とEquBot社はIBM Watsonとの協業により、AiPEXを開発しました。これは世界初のAI機能を使用するインデックスで、新しい投資機会を発見するためにEquBot社のニューラル・ネットワークとWatsonテクノロジーが組み込まれています。このプロジェクトは、最初の数カ月間で2億5,000万米ドルを超える製品売り上げを達成しました。

注目のオファリング

使ってみる

IBM Watson DiscoveryのAI機能の活用例を参照して独自のAIアプリケーションを作成します。