概要

ビジネス・ニーズを満たす料金体系オプション

IBM® Cloud for VMware Solutionsは、お客様のVMwareワークロードを移行およびモダナイズするためのさまざまな料金体系オプションを提供します。 お客様の拡張性とコスト効率のニーズを満たすよう、お客様が管理する専用インフラストラクチャー、またはIBMが管理する共有インフラストラクチャーを選択いただけます。

無料オファー

専用

Caveonixを3カ月間無料でご提供します。 最小注文数は要求されません。 IBM Cloud上でCaveonixを初めてご利用になるお客様のみを対象としたサービスです。

Caveonix: 3カ月無料

 

共有

新規のお客様または既存のお客様向けの、500米ドルのクレジット(3カ月間有効)をご利用ください。バックアップやレプリケーションのためのVeeamの消費に加えて、オンデマンドまたは予約済みの消費型モデルが対象となります。 クレジットの有効期限は3カ月です。3カ月の期限が切れると、すべての料金はユーザーの責任になります。 3カ月の期限が切れる前に500米ドルを超えて発生した料金も、ユーザーの責任になります。

詳細を読む (英語)

VMwareとX86のワークロードのTCOを削減する

無料のAkasiaアセスメントを使用して、オンプレミス環境と上位のパブリッククラウド・プロバイダーのTCOを比較します。

評価版の割引

単一ノード: 移行とモダナイズ

この評価版には、IBM Cloudインスタンス上の単一ノードのVMware vCenter Server上にIBM Cloud Private HostedおよびVMware HCXが含まれています。この評価版により、手頃な料金でVMware VMをIBM Cloudに移行し、Kubernetesを使用してそれらをモダナイズできます。すべてフルスタック管理で行われます。 オンプレミスと同レベルの管理と可視性を維持しながら、クラウドの高速性とスケールを活用できます。  

移行とモダナイズを開始する

 

単一ノード: データ保護と災害復旧

この評価版は、VMware HCX、Veeam、Zertoを搭載したIBM Cloud上のVMware vCenter Serverを使用して、最大25のシンプルな開発またはテスト・ワークロードを移行および複製できるよう設計されています。 同レベルの管理と可視性を維持しながら、災害復旧環境のためのクラウドの高速性とスケールを活用できます。

データ保護と災害復旧を試す

 

特記事項:これらの単一ノードの評価版は、PoC(概念検証)のみを目的としたものです。この環境で実動ワークロードを実行しないでください。 評価版は、最大90日間の使用を目的としており、自動的に削除されます。

共有の料金体系

On-demand

コンピュート・リソースは必要に応じてユーザーが利用でき、1時間単位で請求されます。

 

 

Reserved(月単位)¹

月単位請求モデルの前払い予約でコンピュート容量ニーズを予約すると、必要時におけるリソースの可用性が保証されます。

¹ 730時間 = 1カ月

² Microsoft Windowsのライセンスは上限基準点なので、お客様は月々のvCPUを必要な数のVMで使用できます。 毎月の最大量を超えない限り、追加のライセンス料金の負担はありません。

 

アドオン

コンピュート以外のすべてのリソース(ストレージや出力(Egress)など)は、使用に基づいて請求されます。 これは、「On-demand」と「Reserved」の両方の料金モデルに適用されます。

³ Veeam Cloud Connectの複製ターゲットとして共有されるIBM Cloud for VMware Solutionsの使用には、Veeamのライセンス料金はありません。