Veeam on IBM Cloudとは

Veeam on IBM Cloud™は、仮想ワークロードと物理ワークロードがどこにあっても、データセンターとクラウド全体にわたって、信頼できるバックアップと予測可能な災害復旧を提供することができます。

特長

バックアップと複製

Veeamには、バックアップと複製の両方が含まれています。シンプルで安全なバックアップと合理化された災害復旧で、リカバリー時間の短縮とリカバリー・ポイント目標を達成します。

リストア:

Microsoft OfficeアプリケーションとMicrosoft SQLのためにまさに必要なものを、素早くリカバリーします。問題が起きたときに、OracleやSAP HANA on IBM Cloud、Microsoft Office 365など、お客様のビジネスを進めるのに重要なデータとアプリケーションをリカバリーします。

リカバリー

オンプレミスの仮想ワークロードと物理ワークロード、ハイブリッド環境やパブリッククラウドのファイル、アイテム、またはフルVMの信頼性の高いリストアを迅速に行います。

自動長期保存

Veeam Cloud Tierを使用すると、バックアップ・ファイルが古くなったら、運用状態のリストア・ウィンドウからコスト効率の高い無制限のIBM Cloud Object Storageに、2倍のコストを負うことなく移動することができます。

コピー・データ管理

データを活用して、市場に出すまでの時間やアプリケーションのデリバリーまでの時間を短縮し、パッチ、更新、リスクをより迅速にテストします。

監視と分析

モニタリング、レポート作成、およびインテリジェンスのツールを使用して、可用性を維持するのに必要な自動化と制御でビジネスを支援します。

利点

グローバル災害復旧(DR)インフラストラクチャー

Veeamによる複製と、世界中の60以上のIBM Cloudデータセンター間での無料のネットワーキングを組み合わせることで、予算の限界ではなくビジネス目標に基づいて、DR戦略を構築できることができます。

ハイブリッドクラウド全体にわたるネイティブVeeam

データセンター、リモート・オフィス、クラウド・インフラストラクチャー全体にわたるバックアップとリカバリーを、同じフル機能と能力で管理して、シンプルで合理的な管理にします。

自分で行うかBaaS利用の選択肢

バックアップと災害復旧のニーズに対応する柔軟なオプションです。計画、アーキテクチャー、移行、エンドツーエンドの管理の各サービスを、自分で行うか、IBMの専門家と協力して行うことができます。

Veeamを使ってみる

Veeam Cloud Connect Replicationを使用してIBM Cloudにオフサイト複製サイトをセットアップしましょう。