IBMがSwiftをクラウド対応に

IBMがどのようにIBM Cloud上で最新アプリのエンドツーエンドの開発の徹底的な簡素化を進めているかをご覧ください。

アプリケーションの配信方法を最新化

トライアル

サーバー上のSwiftを試します。

作成

エンドツーエンド・アプリケーションを開発、導入します。

共有

Swiftのパッケージ、ライブラリー、モジュールを共有します。

最新のアプリを作成するための、直観的でオープンな言語

エンドツーエンド開発に使用するために、Swiftはかつてないほどに簡素化されました。ローカル開発環境を希望する開発者は、IBM Cloud上でIBM Cloud Tools for Swift(ベータ)を使用して、人気のあるSwift@IBMテクノロジーを活用できるようになりました。 さらに、Linux開発者は、データ提供およびSystems of Record(SoR)領域の最もパワフルなLinuxプラットフォームであるLinuxONE™上で、いま最も人気のある言語を利用できます。

SwiftとIBM Kituraを使ってエンドツーエンド・アプリを作成

エンドツーエンド・アプリケーションの作成を開始し、作成したアプリを素早くOSXとLinuxの両方に Kituraを使用して導入できます。Kituraは、パッケージ・ベースのモジュラー型WebフレームワークでありHTTPサーバーです。Swift言語で書かれたこのオープン・ソース・フレームワークは、コミュニティー連携の基盤となります。Swift.org開発者コミュニティーからは、Libdispatch、Foundation、Swift Package Managerなどの最新テクノロジーが生まれています。

IBM Cloud上でSwiftの使用を開始

IBM Cloud上のSwiftランタイム
Swift用のCloud Foundryビルドパックを搭載したこのSwiftランタイムを使用すると、IBM CloudにSwiftのコードを直接導入できます。

サーバーレスでSwiftを利用
イベント・ドリブン・プラットフォームであるIBM Cloud Functionsを使用して、Swiftでマイクロサービスを実行します。

ご利用の開始

利用時間に制限のないIBM Cloud Liteの無料試用版に登録して、アクセスを取得し、Webアプリやモバイル・アプリの作成を開始するためのサービスを検討してください。

お問い合わせはこちら
電話番号:0120-550-210(識別コード: CLOUD)
9時から17時までご利用いただけます。