質問と回答

IBM Runtimes for BusinessでサポートされるJava™仮想マシン(JVM)は何ですか?

IBM Runtimes for Businessでは、HotSpotとEclipse OpenJ9の両方のJVMがサポートされます。

Javaランタイムが組み込まれたIBM製品にIBM Runtimes for Businessは必要ですか?

いいえ。IBM WebSphere® Application Serverなど、JavaランタイムがバンドルされているIBM製品には、組み込みのJavaランタイムのサポートが既に含まれています。これらのJavaランタイムに対する追加のサポートやライセンス交付は必要ありません。

メールや音声による問題報告は可能ですか?

はい。チケットを送信する際には、必ず製品名を「Runtimes for Business」とご指定ください。これにより、お客様の問題は適切なIBMサポート・チームに送られて調査と解決が行われます。

業務用のラップトップにOpenJDKをインストールするだけで課金されますか?

いいえ。OpenJDKは今後も無料でご利用いただけます。

Javaランタイム環境をインストールするたびに、サポート費用を支払う必要がありますか?

いいえ。サポートが必要なサーバーとワークステーションに対してのみ、料金をお支払いいただきます。注:JavaランタイムがバンドルされているIBM製品には、組み込みのJavaランタイムのサポートが既に含まれています。これらの製品の一部として購入されたJavaランタイムに対しては、追加のサポートやライセンス交付は必要ありません。

OpenJDKランタイムのインスタンスごとに、サポート費用を支払う必要がありますか?

いいえ。IBMにサポートを依頼するOpenJDKのランタイム環境は(デスクトップで実行されているかサーバーで実行されているかを問わず)、お客様が選択できます。

サポート契約の対象ではないOpenJDKランタイムのセキュリティー・パッチやアップデートを獲得できますか?

はい。セキュリティー・パッチやアップデートは、各プロジェクトから無償で提供されています。

通常のサポート時間を教えてください。

通常のサポート時間は、月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで(またはお客様のタイムゾーンにおける通常の営業時間で祭日や公休日を除く)です。重大度レベル1の問題については、24時間365日対応いたします。

対応にかかる時間は?

2営業時間です。注:この対応時間は、IBMサポート・チームが重大度の高いサポート・リクエストに対応する場合を想定しています。最初の対応でお客様の問題を解決するよう最善を尽くしますが、問題が解決されない場合はどのような技術的対応が必要であるかを特定するために、さらにお時間をいただく場合もあります。

開発者支援インシデントは含まれていますか?

いいえ。

サポートは全世界で提供されていますか?

はい。

今後も、Javaランタイム環境用の無料のセキュリティー・アップデートを入手できますか?

はい。 IBMは、コミュニティーと協力しながら、セキュリティー・フィックスによってオープン・ソースのOpenJDKを最新の状態に保っています。

Javaのエンタープライズ・サポートでのコスト節約について説明します。