Oracleの新しいJava SEサブスクリプション

コストパフォーマンスを高めるにはどうすればよいでしょう。サポートの購入に見合うか、OpenJDKのオープン・ソース・コミュニティーのサポートのみを必要とするデプロイメントかといった観点で判断しましょう。

IBM Runtimes for Business概要

ミッション・クリティカルなJava™アプリケーションをサポートするために、IBMはOpenJDKへのサポートを提供しています。OpenJDKは、最も信頼性が高く、コスト効率の高い、業界と開発者コミュニティーによるオープン・ソース実装方法です。

IBM Runtimes for Businessは、オープン・ソースのJavaランタイム環境の商用サポートに加え、Javaアプリケーションのモニタリング機能と管理機能を提供します。

Javaランタイム・サポートはお客様のニーズに基づいており、特定のサーバーとクライアントで使用可能な月次と永続の2種類のサポート・ライセンスが用意されています。ぜひご検討ください。

OpenJDK and IBM Runtimes for Business

機能

柔軟性の高いエンタープライズグレードのサポート

サポート・オプションを選ぶ

どのワークステーションとサーバーベースのデプロイメントが、IBMの最高クラスかつ世界規模のサポートチームによるサポートを必要としているのかを検討してください。

高い信頼性と充実したセキュリティー機能

オープン・ソースが重要である理由 (英語)

Fortune 500に名を連ねる企業の多くは、IBM WebSphere® Application Serverの導入に、信頼できるランタイム・ディストリビューションとしてAdoptOpenJDKを使用しています。AdoptOpenJDKコミュニティーは、すべてのリリースにおいて、障害とセキュリティー問題に関するクラス最高のテストを実施します。

IBM Runtimes for Businessは、HotSpotに加えてEclipse OpenJ9 JVMもサポートします。OpenJ9は、HotSpotよりも33%小さいメモリー・フットプリントで、より高速の起動時間を実現します。

オープン・ソース

オープンソースはライセンスという点だけではなく、コミュニティー主導による開発の重要性が高まります。OpenJDKの創設メンバーであり、クラス最高のOpenJ9を開発したIBMは、多数のランタイム・プラットフォームにおけるビジネス・アプリケーションにとってJava JDKが不可欠であると認識しています。

アプリケーションのモニタリングと管理

動画を見る(01:05) (英語)

問題を迅速に診断し、サービスの品質を向上させます。サポートには、IBM Cloud™ Application Performance Managementサーバーと、リソース・レベルのアプリケーション・モニタリング用のJava 2, Standard Editionデータ・コレクターが含まれています。

Eclipse OpenJ9を使用したOpenJDKを試してください

無料ダウンロードによって、アプリケーションを強化しましょう。

Javaのエンタープライズ・サポートのコスト節約についてご説明します。