分散クラウドとは

2021年テクノロジー・トレンドワードとして示された「分散クラウド」とは、クラウド、オンプレミス、エッジ環境全体で、いつでもどこでも一貫したクラウド環境を、スピーディーかつ容易に提供するクラウド・サービスです。単一の管理画面を通じてあらゆるクラウド環境を可視化することにより、多様で複雑なクラウド環境における開発、運用・管理、セキュリティーなどの問題を解決することができるだけでなく、開発者ならびに運用管理者の生産性やスピードの向上と効率化を実現できます。

→ 分散クラウドのアーキテクチャーを理解する

IBM Cloud Satelliteは、オンプレミス、エッジコンピューティング、あらゆるクラウド・ベンダーが提供するパブリッククラウドなどのすべての環境で、一貫してアプリケーションをデプロイおよび実行するのに役立ちます。このサービスでは、Kubernetes、データ、AI、セキュリティー・サービスの基本的なセットが標準化され、As-a-serviceとしてIBM Cloudで一元管理できるようになります。また、単一の画面を介して、すべての環境が完全に可視化されます。その結果、開発者の生産性と開発速度が大幅に向上します。

ケーススタディー

現地のデータ・プライバシー法を遵守しながら、ビジネスを拡張する。

IBM Cloudが選ばれる理由

単一の画面を介した、アプリケーションと環境全体の普遍的な可視性を提供します。

パブリック・ロケーション、プライベート・ロケーション、エッジ・ロケーション間で、ツール・チェーン、データベース、AI、APIアーキテクチャーの共通セットをデプロイします。

他のクラウド・ベンダーのものを含む、すべてのクラウド環境全体で、アクセス・ポリシー、セキュリティー管理、コンプライアンス(SOC 1、SOC 2、PCI、GDPR)の一貫したセットを提供します。

IBM Cloud Satelliteの機能

今日多くの組織では、オンプレミス、エッジ、パブリッククラウドなどの複数の環境が運用されています。ハイブリッド・シナリオやマルチクラウド・シナリオでアプリケーションを構築、配置、実行すると、パフォーマンスやユーザー・エクスペリエンスに影響を与える課題が発生する場合があります。以下に例を挙げます。

  • 2秒未満での支払い受領確認を必要とするモバイル決済処理の応答時間を悪化させる遅延が発生する
  • データを「国内」に残すことを要求するデータ・レジデンシー法
  • アプリケーションが多くの場所に広がっていくにつれて開発速度が低下するために俊敏性が失われる
  • ITチームが5から8個のクラウド環境を運用するようになると、すべてのサイトのデジタル・プラットフォームとアプリケーションの可視化が必要になるため可視性が不足する

 

IBM Cloud Satelliteは、クラウド、オンプレミス、エッジ全体で一貫性のあるクラウド・サービスを素早くかつ容易に提供することにより、このような課題を解決します。IBM Cloud Satelliteは、異なる物理的ロケーションへのパブリッククラウド・サービスの配布と定義付けられた分散クラウド(英語, 08:59)の概念に基づくサービスです。サービスの運用、ガバナンス、展開については、パブリッククラウド・プロバイダーが責任を負います。 

この結果、すべての環境での一貫性のあるセキュリティー、開発者サービス、可視性が実現されます。これにより、新しい市場の拡大、より充実したカスタマー・エクスペリエンス、複数のロケーション間での分散型アナリティクスなどの成果にたどり着くまでの開発者の生産性や開発スピードが向上します。

→分散クラウドのブログ記事特集を見る

関連製品

Red Hat OpenShift on IBM Cloud

コンテナ・ベースのアプリケーションを、完全に管理および統合され、信頼性の高いプラットフォーム上に構築し、展開します。IBM Cloud Satelliteを使用すると、環境全体に共通のインフラストラクチャー層を作成できます。

IBM Cloud Pak® for Data as a Service

データの保存場所でデータ分析を行い、面倒で反復的なタスクをIBM Cloudにオフロードできます。IBM Cloud Satelliteを使用すると、すべてのロケーション全体で素早くかつ一貫して規模を拡大できます。

IBM Cloud Satellite Infrastructure Service

IBMのコンサルタントに貴社のインフラストラクチャーをAs a Serviceとして管理させることで、設備投資と人件費を削減します。このサービスは、IBM Cloud Satelliteのお客様向けアウトソーシング・オプションとして提供されています。

使ってみる

IBM Cloud Satellite (ベータ版) をお試しください。