IBM Cloudサポート

IBM Cloud Privateのインストール、メインテナンスそして活用方法の最新情報をご確認ください。

IBM Cloud Privateを選択すべき理由を教えてください。

以下のものが得られるからです。

  • プライベート・クラウドとパブリック・クラウドから専用クラウドまでの幅広いデプロイメント・オプションと、それらすべてにわたる一貫したエクスペリエンス
  • ロギング、モニター、およびセキュリティーを含めた、中核となる運用サービス
  • 既存のツールやプロセスと統合できる柔軟性
  • IBMミドルウェアのコンテナー・バージョンが提供する、お客様の現在のアプリケーション、データ、スキル、およびインフラストラクチャーを使用してワークロードを最適化するための規範となるガイダンス
  • アプリケーションの開発とデプロイメント向けのCloud Foundryを使用したオープンなKubernetesをベースとするコンテナー・プラットフォームと、DevOpsツールチェーン統合
  • インフラストラクチャーをアンロックし、IBM Watson®、IBM Blockchainなどのパブリック・クラウド・サービスに接続して安全にアクセスできる統合機能

プライベート・クラウド・ソリューションを評価するときに、 重要なことは何ですか?

速度と拡張容易性(以下を含む)

  • ヘルム・チャートを使用して開発、テスト、およびロールアウトを加速するツール
  • 企業の迅速なイノベーションのための計算モデルの選択(コード、Kubernetes、Cloud Foundryなどのインフラストラクチャーを含む)
  • 基礎となるインフラストラクチャーのオーケストレーションを実現するための、IBM Cloud Automation Managerを介したTerraformとChefのコンポーネント・サポート

サービス

  • IBM Db2®やIBM WebSphere®などの使い慣れた最新のエンタープライズ・ミドルウェアを使用できるようにするデプロイメント・モデル
  • 開発者の生産性を加速する、企業とオープン・サービスの共通カタログ

セキュリティー

  • 複数のクラウド環境とプロバイダーにわたって動作する機能
  • アプリケーションの自動水平スケーリングと自動垂直スケーリング
  • ネットワークおよびクラウド・ストレージのポリシー・ベースの制御によるアプリケーション分離とセキュリティー

インシデント管理

  • DevOpsのロギング、管理、統合など、管理者向けの一連の共通サービス
  • Istio、Prometheusを使用したモニタリング、ELKスタック(Elasticsearch、Logstash、Kibana)を使用したロギングなど、マイクロサービスのスケーラブルな管理をサポートする一般的な基本サービス
  • 自動化されたアプリケーション・ヘルス・チェックと障害からの復旧

IBM Cloud Privateは、組織にどのような結果をもたらしますか?

どんなイニシアチブでもROIを証明することが重要で、IBM Cloud Privateを使用するとお客様には下記のようなご支援をします。

  • 従業員の生産性とイノベーションを向上させる。
  • プラットフォーム上で実行中のアプリケーションをモニターし、継続的デリバリー手法を使用して、ワークロードと基盤となるプラットフォームを素早く更新する。これはすべて、ダウン時間不要で実行できます。
  • アプリケーション品質を向上させ、障害を削減する。
  • 政府の規制および業界標準に準拠して、データを安全な環境で維持する。
  • より素早く市場の変化に対応する。
  • 重要なデータを含むアプリケーションのバックアップ、リカバリー、および災害回復フェイルオーバーを自動的に管理する。

複数のクラウド・プラットフォームが必要でしょうか?

Forrester社の業界アナリストのDave Bartoletti氏によれば、今やもうハイブリッドかつマルチクラウドの世界だそうです。企業の75%以上が、既にパブリック・クラウドとプライベート・クラウドの両方を使用しています。ハイブリッド・ビジネス・モデルに対応できる計画を立て、開発者、アプリケーション所有者、およびテクノロジー・チームを強化し、連携して重要なビジネス・アプリケーションのそれぞれに最適なプラットフォームを選択できます。

ビジネスにとってプライベート・クラウドが必要な理由を教えてください。

企業は政府や業界の規制(データ局所性など)に準拠しなければならない場合があります。機密性の高い顧客データを保護する場合や基幹業務アプリケーションを構築する場合、プライベート・クラウドを使用すると、データやアプリケーションをオンプレミスで維持できます。これにより、リスクを軽減できるだけでなく、パブリック・クラウドの速度と拡張容易性を最大限に活用できます。

IBM Cloud Privateのユーザーとして、Payment Card Industry Data Security Standard(PCI DSS)の要件に適合するためには、何を知っておく必要がありますか?

IBMは、企業が主要なパフォーマンスとセキュリティーの目標を達成する必要があり、高度なテクノロジー環境を作成して導入するために、複数のテクノロジー・ソリューションとベンダーにますます依存していることを認識しています。IBM Cloud Private Platform PCI DSS 3.2.1実装ガイド(英語)(PDF、4.8 MB)は、 IBM Cloud Privateを検討している組織のための考慮事項と、カード会員データ環境(CDE)の一部としてPCI DSS 3.2.1要件の実装をIBM Cloud Privateがサポートする方法を概説します。