IBM Cloud Privateでアプリケーションの開発の迅速化と最新化

IBM Cloud™ Privateは、ワークロードをローカルで開発および実行するための、プライベート・クラウド・プラットフォームです。これは、ファイアウォールの背後にあるコンテナ化されたクラウド・アプリケーションをオンプレミスで設計、開発、デプロイ、および管理できるようにする統合環境です。ここには、コンテナ・オーケストレーターのKubernetes、プライベート・イメージ・リポジトリー、管理コンソール、および監視のフレームワークが含まれます。

Webセミナー:IBM Private Cloudとは

モダナイゼーションを加速する IBMのプライベートKubernetes 基盤 既存アプリケーションのモダナイゼーションを支援するツールから、モニタリングやログ管理、セキュリティー、高可用性など、企業システムに求められる様々な機能を、シンプルに統合して提供するオープンなKubernetes基盤 IBM Cloud Private のポイントをわかりやすくご紹介します。

Diagram of the IBM Cloud Private architecture

実際に詳しく見てみましょう

IBM Cloud Privateは、ミドルウェア・サービス、データ・サービス、および分析サービスにおける開発者の俊敏性と操作の簡素化を実現する、Kubernetesベースのコンテナ・プラットフォームを提供します。コンテナ化可能な豊富なコンテンツ、エンドツーエンドの自動化機能、および管理ツールを使用できます。IBM Cloud Privateはご使用のインフラストラクチャー内に存在するため、その層向けの自動化ツールも使用できます。

左側に表示されるIBM Cloud Privateアーキテクチャーの図(英語)は、お客様の導入計画のロードマップとして利用できる多くのリファレンス・アーキテクチャーの1つです。実践的な開発をご希望の場合は、IBM Cloud Privateのチュートリアル(英語)をご覧ください。Kubernetes実装をIBM Cloud Privateクラスターに提供するには、マイクロサービス・ベースのアプリケーションをデプロイするか、DevOpsパイプラインをセットアップします。