Mass Data Migrationとは

Mass Data Migrationは、120 TBの使用可能容量を持つストレージ・デバイスを使用してクラウドへのデータ移行を加速し、高コスト、長い転送時間、安全性の懸念といった一般的な転送の課題を克服するサービスです。

特長とメリット

高速なデータ移行

従来のデータ転送方式を使用した場合は数週間から数カ月かかるのに対し、単一のMass Data Migrationデバイスを使用して、わずか数日で最大120 TBのデータを(RAID-6で)移行できます。

高い柔軟性と拡張性

移行する必要のあるデータが数テラバイトでも何ペタバイトでも、ワークロードに対応するデバイスを1つまたは複数要求できる柔軟性があります。

低価格

大規模なデータ・セットの移行は、コストと時間がかかる場合があります。各Mass Data Migrationデバイスは、往復の配送料と、お客様のサイトでの10日間の使用料を含め、手ごろな価格で提供されます。

単純なプロセス

IBMは、接続、データの取り込み、Cloud Object StorageへのオフロードのためのIBMへの返送までをお客様が簡単に行えるよう、事前構成されたデバイスをお送りします。オフロードが完了すると、お客様はクラウド内のデータにすぐにアクセスできるようになり、IBMはデバイスを安全にワイプします。

エンドツーエンドの保護

このデバイスはAES 256ビットのインライン暗号化、RAID-6構成、高耐久性・改ざんの証拠機能・防水性・耐震性を備えたケースを使用することで最大限のセキュリティーを実現するように設計されているため、デバイスの取り扱い中や移送中におけるデータの保護/保全性が確保されます。

安全な消去

IBMは、NISTデータ・ワイプ標準を使用し、Mass Data Migrationデバイスからのすべてのお客様データの完全な消去を保証します。

お客様による使用法

クラウドへのデータの移行

オンプレミスのストレージ・スペースの解放、非アクティブ・データのアーカイブ、または冗長化と復旧のためのデータのバックアップのいずれを希望する場合でも、Mass Data Migrationなら、データをクラウドに素早く安全に移行できます。

オンプレミスからクラウドへのデータの移行

データセンターの廃止

データセンターの規模縮小、拡張、または再配置において、データセンターの変革を活性化し、Mass Data Migrationを使用して機密データをクラウドに安全に移行します。

データセンターの廃止

制限された帯域幅

お客様がリモート・ロケーションにいる場合や、ネットワーク経由オプションが桁違いの費用がかかる、遅すぎる、またはデータ転送に使用できないなどの問題が発覚した場合は、Mass Data Migrationが優れた代替手段となります。

インターネット接続が制限されている、あるいは使用できないロケーション

データ移行を始めましょう

IBM Control Portalを使用し、メニューで「ストレージ(Storage)」を選択してから、「データ移行(Data Migration)」および「Mass Data Migration」を選択します。