概要

Kubernetesをエンタープライズ・スケールで実行

IBM Cloud® Kubernetes Serviceは、IBM Cloud®上にコンピュート・ホストのクラスターを作成して、コンテナ化されたアプリをデプロイおよび管理するために構築された、認定のマネージドKubernetesソリューションです。 インテリジェントなスケジューリング、自己修復、水平スケーリングを提供し、アプリケーションを迅速にデプロイ、更新、拡張するために必要なリソースを安全に管理します。 IBM Cloud Kubernetes Serviceがマスターを管理するため、お客様は、ホストOS、コンテナ・ランタイム、Kubernetesのバージョン更新プロセスを管理する必要がなくなります。

IBM Cloud上のライブKubernetes環境にクラスターをデプロイして運用する方法をご覧ください。ご利用は無料です。 これはデモではありませんが、構成やダウンロードは不要です。

Kubernetesダッシュボード

ユースケース

Kubernetesクラスターの作成

Kubernetes機能を使用してコンテナ化アプリケーションをIBM Cloudにデプロイする方法を示す図

Kubernetesクラスターの作成

架空のPR会社がKubernetes機能を使用してコンテナ化アプリケーションをIBM Cloudにデプロイする方法について説明します。 この会社は、IBM Watson® Tone Analyzer Serviceを利用して、プレス・リリースについてのフィードバックを入手します。

拡張可能なWebアプリケーションのデプロイ

Webアプリケーションを構築し、コンテナ内でローカルに実行してから、IBM Cloud Kubernetesクラスターにデプロイする方法を示す図

拡張可能なWebアプリケーションのデプロイ

Webアプリケーションを構築し、コンテナ内でローカルに実行してから、IBM Cloud Kubernetesクラスターにデプロイする方法について説明します。 また、カスタム・ドメインのバインド、環境の正常性のモニター、拡張の方法についても説明します。

ログの分析、アプリケーションのモニター

クラスターを作成し、ログ分析およびモニター・サービスを構成してから、アプリケーションをクラスターにデプロイする方法を示す図

ログの分析、アプリケーションのモニター

クラスターを作成し、ログ分析およびモニター・サービスを構成する方法について説明します。 その後、アプリケーションをクラスターにデプロイし、Kibanaでログを表示および分析し、Grafanaで正常性とメトリックを表示します。

アプリケーションの継続的なデプロイ

Kubernetesで実行されているコンテナ化アプリケーション用の継続的統合/継続的デリバリー(CI/CD)パイプラインをセットアップする方法を示す図

アプリケーションの継続的なデプロイ

Kubernetesで実行されているコンテナ化アプリケーション用のCI/CDパイプラインをセットアップする方法について説明します。 このユースケースでは、ソース管理、ビルド、テスト、およびデプロイのセットアップと、セキュリティー・スキャナー、分析などの統合について説明します。

主要な機能

Kubernetesを簡単に実行

お客様

Epiphany社のロゴ
Ethidad社のロゴ
Exxon社のロゴ
GIAのロゴ
Irene社のロゴ
PBM社のロゴ
Harry Rosen社のロゴ
CRM.COM社のロゴ

よくあるご質問(FAQ)

IBM Cloud Kubernetes Serviceに関するよくある質問(FAQ)への回答をご覧ください。

コンテナ・ベースのプラットフォームの仕組みを教えてください。

IBM Cloud® Kubernetes Serviceは、Docker(OCI)コンテナ用のフルマネージド・コンテナ・サービスを提供することで、お客様が一連の計算ホストにコンテナ化アプリケーションをデプロイし、その後それらのコンテナを管理できるようにします。コンテナは、お客様の要件やクラスター内の可用性に基づいて、自動的にスケジュールされ、使用可能な計算ホストに配置されます。

Kubernetesベースのコンテナ・サービスはどのように管理されますか?

各クラスターは、IBMが運用および管理するKubernetesマスターと、お客様が所有するインフラストラクチャーにデプロイされるワーカー・ノードと共にプロビジョンされます。ワーカー・ノードは、お客様専用のシングル・テナント・ノードです。ワーカー・ノードは、オペレーティング・システムのパッチ・デプロイメント用のIBM提供のツール、コンテナ・ランタイムの更新プログラム、新しいバージョンのKubernetesを使用して管理できます。

自社のインフラストラクチャーでどのようにDockerコンテナを実行できますか?

IBM Cloud Kubernetes Serviceを使用すると、お客様のワーカー・ノード上で稼働するポッドにDockerコンテナをデプロイできます。ワーカー・ノードには、コンテナの管理に役立つアドオン・ポッド一式が付属しています。アドオンは、Kubernetesパッケージ・マネージャーであるHelmを使用して、追加でインストールすることもできます。これらのアドオンにより、ダッシュボード、ロギング、IBM Cloud、IBM Watson®サービスなどで、お客様のアプリケーションを拡張できます。

Kubernetesでは、Dockerコンテナに対する自動スケーリングはどのように行われますか?

IBM Cloud Kubernetes Serviceでは、水平ポッド自動スケーリングを有効にして、ワークロードのニーズに応じてアプリケーション・ポッドを自動的に増減できます。

サービス・プロバイダー・インスタンスを使用する場合、コンテナ・ホスティングはどのように管理されますか?

アプリケーションに必要なリソースを確保するには、コンテナ化されたワークロードを実行する計算インフラストラクチャーを使用および管理する必要があります。また、アプリケーション用の安定した環境と、保守コストの削減も必要です。IBM Cloud Kubernetes Serviceがマスターを管理するため、お客様は、ホストOS、コンテナ・ランタイム、Kubernetesのバージョン更新プロセスを管理する必要がなくなります。

ブロック・ストレージをアプリケーションに統合できますか?

クラスター用のブロック・ストレージをプロビジョンし、そのストレージを永続データ・ストアとしてアプリケーションで使用できます。IBM Cloud Kubernetes Serviceは、事前定義されたKubernetesストレージ・クラスを提供します。これらのストレージ・クラスを使用して、お客様のアプリケーション要件に合ったブロック・ストレージ容量とパフォーマンス特性を選択できます。

クラスター内でネットワーキングはどのように機能しますか?

IBM Cloud Kubernetes Serviceは、IBM CloudプラットフォームのIPアドレッシング、ネットワーク・ルーティング、ACL、ロード・バランシング、およびファイアウォール機能と完全に統合されます。標準クラスターをデプロイする場合、ネットワークを分割および分離する仮想ネットワークをワーカー・ノード用に指定できます。すべてのクラスターは、事前定義されたネットワーク・ポリシーに基づいてセットアップされます。

セキュリティー管理はどのように統合されますか?

すべてのクラスターは、お客様専用のシングル・テナント・クラスターとしてセットアップされます。Kubernetes APIサーバーとワーカー・ノードとの間の通信を保護するために、IBM Cloud Kubernetes ServiceはOpenVPNトンネルとTLS証明書を使用し、マスター・ネットワークをモニターして、悪意のある攻撃を検出し、修復します。クラスター・リソースへのユーザー・アクセスは、お客様が管理できます。

Dockerイメージをクラウドに保管する方法は?

専用のDockerイメージ・レジストリーを、プラットフォーム内のサービスとして取得できます。IBM Cloud Container Registry内の各テナントには、クラウド内のDockerイメージのストレージを確保するために、Docker v2レジストリーを使用して構築された専用のホスト・レジストリーがあります。組み込みのVulnerability AdvisorがIBM X-Force® Exchangeを使用してイメージをスキャンし、そのISO27kポリシーが稼働中のコンテナやパッケージをスキャンします。

クラスターにコンテナを配置するために独自のKubernetesスケジューラーをセットアップできますか?

IBM Cloud Kubernetes Serviceを使用すると、クラスターを制御し、Kubernetesのデプロイメントに対する独自のカスタムKubernetesスケジューリングと親和性のロジックを実装できます。

関連製品

IBM Cloud Code Engine

マネージド・サーバーレス・プラットフォームでアプリケーション、ジョブ、またはコンテナを実行します。

Red Hat OpenShift on IBM Cloud

可用性の高いアプリケーションを実行するための開発者向けツールを備えたネイティブRed Hat® OpenShift®でエンタープライズ・ワークロードをデプロイし、かつ、それを保護します。

IBM Cloud Foundry

マネージド・マルチテナントCloud Foundry環境でアプリケーションを作成し、デプロイします。