今すぐサーバーレス環境を試す

完全なサーバーレス環境をお試しください。 シンプルに、コードまたはコンテナをデプロイします。ワークロードが実行された場合にのみ支払いが発生します。

概要

ユースケース

Kubernetesクラスターの作成

Kubernetes機能を使用してコンテナ化アプリケーションをIBM Cloudにデプロイする方法を示す図

Kubernetesクラスターの作成

架空のPR会社がKubernetes機能を使用してコンテナ化アプリケーションをIBM Cloudにデプロイする方法について説明します。 この会社は、IBM Watson® Tone Analyzer Serviceを利用して、プレス・リリースについてのフィードバックを入手します。

拡張可能なWebアプリケーションのデプロイ

Webアプリケーションを構築し、コンテナ内でローカルに実行してから、IBM Cloud Kubernetesクラスターにデプロイする方法を示す図

拡張可能なWebアプリケーションのデプロイ

Webアプリケーションを構築し、コンテナ内でローカルに実行してから、IBM Cloud Kubernetesクラスターにデプロイする方法について説明します。 また、カスタム・ドメインのバインド、環境の正常性のモニター、拡張の方法についても説明します。

ログの分析、アプリケーションのモニター

クラスターを作成し、ログ分析およびモニター・サービスを構成してから、アプリケーションをクラスターにデプロイする方法を示す図

ログの分析、アプリケーションのモニター

クラスターを作成し、ログ分析およびモニター・サービスを構成する方法について説明します。 その後、アプリケーションをクラスターにデプロイし、Kibanaでログを表示および分析し、Grafanaで正常性とメトリックを表示します。

アプリケーションの継続的なデプロイ

Kubernetesで実行されているコンテナ化アプリケーション用の継続的統合/継続的デリバリー(CI/CD)パイプラインをセットアップする方法を示す図

アプリケーションの継続的なデプロイ

Kubernetesで実行されているコンテナ化アプリケーション用のCI/CDパイプラインをセットアップする方法について説明します。 このユース・ケースでは、ソース管理、ビルド、テスト、およびデプロイのセットアップと、セキュリティー・スキャナー、分析などの統合について説明します。

主要な機能

Kubernetesを簡単に実行

Kubernetesの参考資料

ハンズオン・ラボから資料まで、さまざまな支援をご活用ください。

認定付きのハンズオン・ラボ

Kubernetesハンズオン・ラボ(無料)を受講し、認定を取得できます。

開発者向けクイック・スタート

開発者用の学習パスに従って、可用性の高いコンテナ化アプリケーションをKubernetesクラスターにデプロイできます。

関連製品

IBM Cloud Code Engine

マネージド・サーバーレス・プラットフォームでアプリケーション、ジョブ、またはコンテナを実行します。

Red Hat OpenShift on IBM Cloud

可用性の高いアプリケーションを実行するための開発者向けツールを備えたネイティブRed Hat® OpenShift®でエンタープライズ・ワークロードをデプロイし、かつ、それを保護します。

IBM Cloud Foundry

マネージド・マルチテナントCloud Foundry環境でアプリケーションを作成し、デプロイします。

Kubernetesの説明

よくある質問に対する回答と詳細情報へのリンクをご確認いただけます。

Kubernetesとは何ですか。

Kubernetesは、操舵手を表すギリシャ語で、「k8s」または「kube」とも呼ばれます。コンテナ化されたアプリケーションのデプロイメント、管理、スケーリングをスケジュールして自動化するためのコンテナ・オーケストレーション・プラットフォームです。 クラウドネイティブ(英語) 開発を取り巻くインフラストラクチャーおよび運用に関連する多くのタスクと問題に対応するPlatform as a Service(英語) の提供については、VMに匹敵します。

コンテナとは何ですか。

コンテナ(英語) は、アプリケーション・コードをライブラリーや依存関係とともにパッケージした実行可能なソフトウェア・ユニットです。これにより、デスクトップ、従来のIT環境、クラウドなど、任意の場所で実行できます。コンテナは、プロセスを分離してCPU、メモリー、プロセスへのアクセスを管理することで複数のアプリケーションがOSを共有できるようにする、OSの仮想化を活用しています。

Kubernetesを利用したコンテナ・オーケストレーションはどのように進化しましたか。

コンテナが急速に普及するに従い、運用チームには、コンテナのデプロイメント、ネットワーキング、拡張性、可用性をスケジューリングおよび自動化することが求められるようになりました。 Kubernetesは、その機能性、オープンソースをサポートするツールのエコシステム、主要なクラウド・プロバイダー(フルマネージドのKubernetesサービスを提供するプロバイダーを含む)間でのポータビリティーのため、最も広く採用されるようになりました。

Kubernetesのアーキテクチャーの主な構成要素は何ですか。

クラスターはノードから構成されます。各ノードは1つの計算ホストを表します。クラスターのワーカー・ノードは、コンテナ化された(英語) アプリケーションのデプロイ、実行、管理を行います。ポッドは、計算リソースとネットワークを共有し、スケーリングの鍵となります。ポッド内のコンテナが受け取るトラフィックが多過ぎると、Kubernetesはそのポッドを複製します。 デプロイメントは、コンテナ化されたアプリケーションの作成と状態を管理して、継続的に実行します。

Istioサービス・メッシュとは何ですか。

クラスター内のコンテナの数が増えると、コンテナ間を結ぶ潜在的な接続パスの数が急激に増加し、構成と管理が複雑になる可能性があります。Kubernetesクラスター用のオープンソースのサービス・メッシュ・レイヤーであるIstio on IBM Cloudは、各Kubernetesクラスターにサイドカー・コンテナを追加します。サイドカーは、他のコンテナ間の対話を構成、モニター、および管理します。

Knativeコンピューティングとサーバーレス・コンピューティングの違いについて説明してください。

Knativeは、Kubernetes上で動作するオープンソース・プラットフォームであり、クラウドネイティブ開発のための2つの重要なメリットをもたらします。サーバーレス・コンピューティング(英語) を容易に実現できる手段であると同時に、1度作成したコンテナをソフトウェア・サービスまたはサーバーレス機能として実行するための1つの方法となります。Knativeは、構成ファイルの生成やCI/CD(英語)  スクリプトの作成などの作業を透過的に処理します。